オフィスのIT全般の導入について、分かりやすくお答えします。

効果的なICT教育の実践を目指して、58教室に電子黒板機能付きプロジェクターを導入。教務・校務の合理化にも積極的に取り組む

修道中学校・修道高等学校 導入事例

2015年10月取材

学校101~1,000名学校・自治体製品の導入・活用支援研修・人材育成社員育成・人材開発

広島県広島市の修道中学校・修道高等学校は、藩校としての創立から290年の歴史を誇る伝統校だ。西日本屈指の進学校として数多くの優秀な人材を輩出する一方、「知徳併進」を掲げ、運動系18部、文化系18部と幅広い部活動を通じて、生徒たちに自己研鑽の機会を提供している。教員が自発的にICT活用を推し進めている同校は、58教室に最新鋭の電子黒板付きプロジェクターを導入。また、学務系基幹業務システムの刷新、会議におけるペーパーレス化の推進など、教務および校務の合理化にも積極的に取り組んでいる。

IT商材、ソリューション導入フロー

  1. 導入前の課題

    • 効果的なICT教育の実践
    • 教務・校務の合理化
  2. ご提案内容

    先進的なICT教育環境を実現するためのソリューションをご提案

  3. 導入効果、改善内容

    • 全教室にICT環境が整い、教員や生徒たちによる自発的な活用が進む
    • ペーパーレス化で会議資料を印刷する手間がなくなり、情報共有も促進した

導入いただいたIT商材、ソリューション

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています。(無料)

この事例の詳しい内容

修道中学校・修道高等学校 導入事例(PDF:2,862KB)

お客様の声をご紹介

中学教頭 美術科教諭 藏下 一成氏

「58教室に電子黒板機能付きプロジェクターを導入したおかげで、ICT環境をもっと身近なものにしたいという本校の理想にかなり近づきました。今後はICT支援員の確保や教員のICT勉強会でも大塚商会さんの力をお借りしたいですね」

財務課 財務係 友田 孔平氏

「使い勝手がよいだけでなく、大塚商会さんのプレゼンが素晴らしかったのが『CP-TW3003J』を選定した大きな理由です。いろいろな事例を踏まえて適切な提案をしてもらえる引き出しの多さには驚いています」

大塚商会担当者からのコメント

「教育現場のICT環境をしっかりとサポートしていきます」

教育の質を高めるためにICT環境を整えたことで、職員の方々や生徒の皆様も活用の幅を広げています。これからも教育現場のICT環境をしっかりとサポートしていきます。

修道中学校・修道高等学校

導入先の概要

業種
学校
事業内容
中学校、高等学校の運営
教職員数
114名(2015年10月現在)
ホームページ
http://www.shudo-h.ed.jp/

この導入先の少し詳しい説明

西日本屈指の進学校として数多くの優秀な人材を輩出している同校は、ICTを活用し教務および校務の合理化にも積極的に取り組んでいる

表示サイズは80型と大きく、タブレット上の画像や映像を大画面表示して、教室の全員で見ることができる

電子黒板機能付きプロジェクター『CP-TW3003J』は、曲面黒板の歪みも調整でき、巻き上げ式マグネットスクリーンも大変便利

プロジェクターの入力切り替えや内蔵16Wスピーカーの音量調整、電源オン/オフ制御ができるインターフェイススイッチャー『SB-2J』

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています。(無料)

  • 印刷して、上司への説明に。
  • 印刷して、稟議書に添付して。
  • 印刷して会議資料に。

この事例の詳しい内容

修道中学校・修道高等学校 導入事例(PDF:2,862KB)

  • * 本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

大塚商会は、オフィスIT全般について、幅広く対応します

大塚商会は、お客様のビジネスチャンスの獲得やコスト削減・生産性向上・競争力強化といった課題や要望に対するソリューションをワンストップでご提供しています。
また、販売したコンピューター・サーバー・通信機器・複合機などのあらゆるオフィス機器、ネットワーク設備、ソフトウェアの保守サービスを、当社が行う「自営保守」の原則があります。そして、多くのスタッフや専用回線を持つたよれーるコンタクトセンター、全国に展開するサポート拠点、社内に数多く在籍する公的資格・メーカー認定資格者が、お客様を強力にサポートしています。

大塚商会の企業情報

大塚商会のサポートは、さまざまなメーカー・機器にも対応!

お客様のお手間を取らせず、一つの窓口でいつでも対応します。