ここから本文です。

3次元CADの導入により、農機部品の複雑な形状が可視化。設計精度の向上や試作期間の短縮を実現

株式会社ヰセキ北海道 アグリ事業部 導入事例

2012年2月取材

株式会社ヰセキ北海道 アグリ事業部は、製造現場の担当者が理解しやすい部品カタログを制作するために、大塚商会を通じて3次元CAD『SolidWorks』を導入。設計の精度向上や精密な強度測定、試作の期間短縮など、さらなる有効活用に成功している。

業種 サービス業 従業員数 101~1,000名
キーワード [立体製図] [動作検証] [農業機械]

導入前の課題

  • 平面設計図では、製造部品の正確な伝達が困難

解決策

○ 扱いやすい3次元CADを採用し、立体データの部品カタログを制作

システム導入:

導入による効果

  • 設計した部品形状の正確な伝達
  • 3次元CAD上でのシミュレーションにより、試作期間が短縮
  • 客観的な数値による強度解析の実現

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社ヰセキ北海道 アグリ事業部 導入事例(PDF) [1,776KB]

株式会社ヰセキ北海道 アグリ事業部
株式会社ヰセキ北海道 アグリ事業部 概要
業種
機械製造・販売
事業内容
農業機械の販売・修理・製造、農業資材の販売、農業施設の施工・管理
従業員数
434名(うちアグリ事業部30名/2010年12月現在) 
ホームページ
http://www1.sphere.ne.jp/isekihok/

北海道に密着し、生産プロセスの各作業段階に細かく適応した農業機械を製造して農作業現場を支えている

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
北海道に密着し、地域の農業事情に合った農機を開発・販売

株式会社ヰセキ北海道は、農業機械の販売会社でありながら、北海道の農業事情に合わせた独自の農業機械の製造も行っている。アグリ事業部は、その製造部門の一翼を担っている部署だ。玉ねぎの播種から育苗、移植、中耕・除草、収穫前処理、収穫・調整とすべての生産プロセスにかかわる農業機械をフルラインナップで取りそろえているほか、じゃがいも生産用、玉ねぎ生産用など、同事業部が製造する農業機械は37種類にも及ぶ。同事業部では従来、独自に製造する農業機械の部品を2次元CADで設計していたが、製造現場では「平面設計図では部品の形が分かりにくい」といった声が強かった。そこで、設計データを3次元にモデリングした部品カタログの制作を検討し、3次元CADの選定を始めた。

経緯
セミナーでの懇切丁寧な説明が、大塚商会から3次元CADを導入する決め手に

『SolidWorks』が有力候補となったのは、大塚商会の開催する3次元CADの体験セミナーに設計担当者が参加したことがきっかけだった。分かりやすく懇切丁寧なセミナーでの説明に好感を抱いた設計担当者は大塚商会を高く評価した。3次元CADの利用には不安を感じていたが、予想以上の使いやすさに手ごたえを感じ、『SolidWorks』の導入を決定した。

ポイント
リードタイムの短縮、部品強度の測定による信頼度向上などさまざまなメリットが

部品点数の多さもあって、部品カタログの完成には2年間を要したが、カタログの活用により生産工程の効率が大幅に向上。3次元データの無料ビューワソフトを利用することで、製造部門でも立体的に図面の検証をすることが可能になっている。
また、試作工数が大幅に短縮されたことも大きな効果だ。設計段階で十分なシミュレーションを行えるようになったため、部品同士が干渉するなどの構造上の欠陥をあらかじめ排除できるようになったのだ。さらに、部品の強度測定を客観的なデータで行えるようになったため、製品そのものの信頼性向上にも結び付いた。

『SolidWorks』の活用により、設計から製品化までのリードタイムが大幅に短縮された

導入効果と今後の展開
製品取扱説明書への流用など、さらなる活用に期待

同事業部は今後、3次元モデリングの製品取扱説明書への転用を検討するなど、さらなる活用を検討。ゆくゆくは、『SolidWorks』のデータを現場の生産管理で活用するなど応用範囲を広げていきたいと考えている。また、膨大な種類と数の部品図面をデータベース管理することを目指すなど、さらなる効率化を図る考えだ。

お客様の声をご紹介

アグリ事業部 常務執行役員 事業部長 黒岩 二三男氏

「当面の課題は、膨大な数になっている図面部品のデータベース管理です。こういった課題の解決に向けた、大塚商会さんからの新たな提案に期待しています」

アグリ事業部 開発製造部 技術課 係長 工藤 健治氏

「3次元CADの体験セミナーで、分かりやすく丁寧に指導してもらったことが『SolidWorks』を導入する決め手になりました。大塚商会さんはトラブルがあったときも適切に対応してくれるので助かっています」

アグリ事業部 開発製造部 技術課 主任 塚田 大介氏

「『SolidWorks』の活用により、製品の信頼性も向上していると感じます。今後は、一つの設計データを複数人で同時に作業する方法など、さらなる効率化のアイデアの提供を期待します」

大塚商会担当者からのコメント

「今後もご期待に応えられるよう、全力でサポートをしていきます」

株式会社ヰセキ北海道 アグリ事業部様には、『SolidWorks』の用途の幅広さを高く評価していただいています。弊社の各担当者の対応も評価いただいているとのことなので、今後もご期待に応えられるよう、全力でサポートをしていきます。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社ヰセキ北海道 アグリ事業部 導入事例(PDF) [1,776KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ


この導入事例で使われた製品・システム

2012年2月取材

(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:91202341