ここから本文です。

EDIシステムで発注処理と売上管理の自動化を実現。多種多様な資材を小ロットから出荷可能に

三桜アサヅマ商事株式会社 導入事例

2012年2月取材

北海道で食品の包装やパッケージを手がける三桜アサヅマ商事株式会社は、経営戦略の一環として「小ロット出荷対応による売り上げ向上」と「取引先の在庫圧縮」を推進。EDIシステムで本社、倉庫、仕入れ先を連携、発注処理を自動化し、売り上げアップを達成した。さらに売上管理の自動化も実現し、事務処理の効率化も実現している。

業種 サービス業 従業員数 101~1,000名
キーワード [仕入れ自動化] [在庫適正化] [キックバック] [ロスコントロール]

導入前の課題

  • 多数の取引先と品目を取り扱いながらの小ロット出荷対応
  • 人の手を介した、手間のかかる商品発注と在庫管理

解決策

○ EDIシステムの整備により、受発注や売り上げの自動化を実現

システム導入:

導入による効果

  • 業界独特の計算方式に対応した売上計上の自動化
  • 小ロットから出荷が可能になり、受注数アップ

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

三桜アサヅマ商事株式会社 導入事例(PDF) [2,137KB]

三桜アサヅマ商事株式会社
三桜アサヅマ商事株式会社 概要
業種
包装資材、食品資材、食品機械の販売・製造・卸業
事業内容
食品用包装・パッケージのデザイン・販売、食品資材製造ラインの設計・メンテナンス、ペットボトル製造
従業員数
103名(グループ全体、2012年2月現在)
ホームページ
http://www.sa-corp.jp/category/
service/service-sanoh

パッケージデザインから卸、小売り、一部資材の製造まで食品包装に関わるサービスを幅広く取り扱い、北海道内の食品業界を支えている

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
道内の食品会社に向けたきめ細かい包装サービスが高評価

三桜アサヅマグループの一員である三桜アサヅマ商事株式会社は、北海道内の比較的小規模な食品会社や食品・水産加工会社、レストランなどに向けた、食品のパッケージデザインや包装関連商品の提供で高い評価を得ている。ほかにも、小規模包装業者に商品パッケージ全般の販売も行っており、道内の食品包装業界では市場2位の規模を誇っている。2011年にはさらなる業務拡大を図り、新たに開設した倉庫と連携して、小規模包装業者向けの販売強化を検討。膨大な量の取引先や取扱商品を管理するため、EDIシステムの導入を検討し始めた。

経緯
インフラ周りにも優れたノウハウを持つ大塚商会にシステム構築を依頼

VPN網やIP FAXの開設サポートも依頼しており、インフラ周りへの対応力に信頼を寄せていた大塚商会に、EDIシステム構築の相談を持ちかけた。
大塚商会からは、従前より基幹業務システムを導入しており、業界独特のマージンを含んだ利益計算方式にもカスタマイズで対応するなど、そのサポート力を高く評価していたことも大きな要因だった。

ポイント
在庫管理・売上管理の自動化により、小ロットからの取り扱いが可能に

本社の基幹業務システムと倉庫、仕入れ先のシステムを連携させるにあたっては、現場で担当者がメンテナンスを行いながらトラブルを丹念にクリア。顧客からの注文をもとに出荷依頼データを作成、倉庫でピッキングと出荷を処理し、返信された出荷確定データを取り込み、売上計上して納品書を発行する仕組みを完成させた。
また、従来は担当者が目で見て判断していた商品発注も自動化。常に適正在庫をキープしながら注文に対応できる体制が整った。これにより、多岐にわたる商品を小ロットから扱えるようになった。

道内では類を見ない新しい試みとなっているスマートストックセンター

導入効果と今後の展開
社内にも顧客にもメリットの多い体制を追求し、いっそうの業務拡大を図る

顧客側のメリットも高まったため、現在、注文が増え続けている。基幹業務システム『SMILE BS販売』とも連携し、仕入れや売り上げの自動計上を実現。無駄な入力作業がなくなったことで、社員の負担も軽減している。また同社の多種多様な仕入れ先・顧客に『SMILE BS販売』は的確に対応し、煩雑な業務の効率化に成功している。
今後は事務処理の標準化をさらに進めて管理を行いやすくすると共に、VPNをグループ会社の小売店舗まで広げて、いっそうの業務連携を促進していくことを検討している。

RICOH製複合機7台の保守サポートを大塚商会から受けているほか、たのめーるも利用し各種サポートの一元化を実現

お客様の声をご紹介

営業支援部 平 丈晃氏

「大塚商会さんの営業やSEなどの各担当者は、こちらの細かな要望や本来業務ではないような質問にも親身になって快く対応してくれるのが大変ありがたいです。担当者は変えないでほしいと思うくらい、“人”に魅力があると感じています」

大塚商会担当者からのコメント

「ご期待に添えるサービスの提供を心がけてまいります」

商品やサービスだけでなく、弊社の人員もご評価いただいていることを、担当の一員として大変嬉しく思います。今後とも、三桜アサヅマ商事株式会社様のご希望や特性を考慮したサポートと提案を心がけてまいりますので、末永くおつき合いさせていただければ幸いです。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

三桜アサヅマ商事株式会社 導入事例(PDF) [2,137KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ


(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:91202361