ここから本文です。

地域に貢献する総合レジャー企業がITシステムを包括的に刷新し、情報活用基盤をさらに強化

千里丘観光開発株式会社 導入事例

2012年1月取材

地域密着型の総合レジャー企業である千里丘観光開発株式会社。独自の決裁ルールへ柔軟に対応していた従来の電子承認システムの仕組みを引き継げる統合型グループウェアを導入。また、各種システムのリプレースを機に情報システム全体の可用性を高めた。

業種 サービス業 従業員数 101~1,000名
キーワード [多業種展開] [拠点間コミュニケーション] [ワークフローシステム] [テープバックアップ] [情報格差]

導入前の課題

  • 各種システムの老朽化および保守期限切れ
  • グループウェアの一元化
  • 社内システムへのセキュアなアクセス

解決策

○ ハードウェア、ソフトウェア、OSにわたる情報系システム全体を一新

システム導入:

導入による効果

  • グループウェア機能の管理が一元化
  • グループウェアのモバイル対応により、承認やスケジュール管理等が出先でも可能に
  • バックアップデータの世代管理
  • ヘルプデスク業務が大幅に削減

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

千里丘観光開発株式会社 導入事例(PDF) [2,209KB]

千里丘観光開発株式会社
千里丘観光開発株式会社 概要
業種
レジャー&コミュニケーション業
事業内容
アミューズメント事業(パチンコ)、遊食事業(飲食店)、教育文化事業(学習塾)、タクシー事業など総合レジャー業を経営
従業員数
235名(グループ計、パート・アルバイト含む、2012年1月現在)
ホームページ
http://www.senrioka.co.jp/

多角的な経営展開と遊び心を忘れない店舗づくりで、地域の方々に「夢」を提供し続けている

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
「地域のために」をミッションとして多角的に事業を展開

千里丘観光開発株式会社は、パチンコ店・飲食店・学習塾・タクシーなどさまざまな事業を展開する総合レジャー企業である。地元商店街の有志10名が出資し、ショップセンターをオープンしたのが創設の経緯で、以来50年以上にわたり「地域への貢献」を基本理念に新しい事業を積極的に手掛けている。
同社はこれまでも新しいITシステムを戦略的に導入し、情報共有と業務効率化を進めてきた。2002年にはVPN接続環境とグループウェアを導入し、複数拠点の社員間コミュニケーションをより円滑にする情報基盤を整備。当時のレジャー業界においては先進的な取り組みだった。

経緯
活用の効率化と将来性を鑑みてグループウェアの一元化を決定

2011年、サーバOSとクライアントOSのサポート期間が終了し、グループウェアと電子承認システムのアプリケーションも相次いで保守期限が切れた。そこでサーバハードウェアと、ほぼすべてのクライアントPCを入れ替えた。
グループウェアのバージョンアップについては、同社独自の決裁方式に対応している従前の電子承認システムを継続して利用したいという意向があった。長年取引のある大塚商会に相談したところ、『eValue NS』の導入を提案された。

ポイント
使いやすいインターフェースで、スムーズな移行を実現

『eValue NS』には、従前の電子承認システムの後継にあたるワークフロー機能がパッケージされていた。『eValue NS』の導入により、申請・承認業務の仕組みを変えることなく、新しいグループウェアに一元化できた。グループウェア全体としての機能も高く、使いやすいインターフェースのため、現場の混乱もなくスムーズに移行が行われた。ユーザビリティの高いドキュメント管理機能も、より活発な社内コミュニケーションを望む同社にとって重要な要素だった。

地域との共存共栄を目指し、地道な地域貢献を続ける

導入効果と今後の展開
ヘルプデスク的業務の激減とデータの世代管理が実現

各種システムのリプレースによってさまざまな効果が現れた。特にシステムトラブルや操作問い合わせが格段に減り、システム管理部門の負担が軽減された点が大きい。グループウェアと電子承認システムが一元化されたことで管理もシンプルになった。さらにサーバ機器の入れ替えと合わせて採用したRDXによるテープバックアップは、データの世代管理を可能にしている。今後は社内文書のペーパーレス化を進めるドキュメント管理機能や拠点間の情報共有基盤としてのポータルサイトのさらなる活用を目指していく方針だ。

システムのリプレースに大きな混乱はなく、多忙な業務に支障を来すことはなかった

お客様の声をご紹介

管理部 人事総務課 課長代理 篠原 敬氏

「大塚商会さんは当社のことをよくご存知なので、グループウェアに関してもほかのシステムに関しても、的確な提案をしてもらえるので助かっています。これからもメリットのある提案を期待しています」

大塚商会担当者からのコメント

「お役に立つ提案ができるようこれからも全力を尽くします」

千里丘観光開発株式会社様とは、2002年に初めてグループウェアを導入されたときからのお付き合いです。長いお付き合いの中でシステムの使用状況、抱えていらっしゃる課題、ご希望などをうかがっています。もっとお役に立つ提案ができるように、これからも全力を尽くします。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

千里丘観光開発株式会社 導入事例(PDF) [2,209KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ


この導入事例で使われた製品・システム

2012年1月取材

(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:00011039