オフィスのIT全般の導入について、分かりやすくお答えします。

就業管理システム導入で勤務状況を可視化。ITを活用した環境改善と看護師のワークライフバランス推進に取り組む

医療法人 相馬病院 導入事例

2015年7月取材

サービス業101~1,000名ERP・基幹業務・業務管理営業・業務プロセス効率化経営基盤強化・リスク対策社員育成・人材開発

医療法人 相馬病院は“かかりつけ病院”としての地域医療に貢献する病床数125床の中規模病院だ。看護師のワークライフバランス(WLB)推進にも積極的に取り組む同院は、その基盤として就業管理システムを新たに導入した。導入によって実現した労働環境の可視化は、環境改善やWLBの推進に大きく貢献しつつある。また、院内の備品管理に『SMILE BS 2nd Edition CRM 備品管理テンプレート』を利用するなど、管理スタッフの業務効率の向上につながるIT活用にも積極的に取り組んでいる。

IT商材、ソリューション導入フロー

  1. 導入前の課題

    • 職員の勤務状況を可視化したい
    • 管理業務の一層の効率化を図りたい
  2. ご提案内容

    実際のデモをご体験いただき、WLB推進を目的とした就業管理パッケージシステムをご提案

  3. 導入効果、改善内容

    • 勤務状況の可視化による、労働環境の改善へ貢献
    • 勤務時間の集計業務の省力化を実現した
    • 正確な備品管理が可能になった

導入いただいたIT商材、ソリューション

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています。(無料)

この事例の詳しい内容

医療法人 相馬病院 導入事例(PDF:2,916KB)

お客様の声をご紹介

事務長 藤野 保氏

「医療業界に限らず、できる人に仕事が集中してしまうことはよくある話です。『勤次郎』によるその可視化は、労働環境の見直しを図る上で大きな意義があると考えています」

総務課 主任 坂本 裕里氏

「大塚商会さんが複数メーカーの窓口として一元対応してくださる点には、とても助けられています。まず大塚商会の担当に相談することで、管理や運用がスムーズに進むことを実感しています」

大塚商会担当者からのコメント

「お客様の課題を共有し、改善につながるソリューションをご提案します」

WLB推進の一環として、労務管理や職員の健康管理の改善をITによって進めることができました。これからもお客様の課題を共有し、改善につながるソリューションをご提案します。

医療法人 相馬病院

導入先の概要

業種
医療、福祉
事業内容
内科・循環器内科・消化器内科・外科・整形外科・泌尿器科・脳神経外科/脳神経内科・皮膚科・肛門外科・放射線科・麻酔科・リハビリテーション科
職員数
200名(非常勤含む、2015年7月現在)
ホームページ
http://www.sohma-hp.or.jp/

この導入先の少し詳しい説明

地域の“かかりつけ病院”としての役割に力を入れ、在宅医療支援病院として24時間365日緊急往診できる医局体制も整えている

『勤次郎』とICカードによる勤怠管理システムにより、時間単位で勤怠を管理できることで、「時間単位年次有給休暇制度」へのスムーズな移行を実現した

業務効率化への取り組みの起点として、IT利用環境整備のもと備品管理および勤怠管理を実現。サーバーも大塚商会から導入している

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています。(無料)

  • 印刷して、上司への説明に。
  • 印刷して、稟議書に添付して。
  • 印刷して会議資料に。

この事例の詳しい内容

医療法人 相馬病院 導入事例(PDF:2,916KB)

  • * 本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

大塚商会は、オフィスIT全般について、幅広く対応します

大塚商会は、お客様のビジネスチャンスの獲得やコスト削減・生産性向上・競争力強化といった課題や要望に対するソリューションをワンストップでご提供しています。
また、販売したコンピューター・サーバー・通信機器・複合機などのあらゆるオフィス機器、ネットワーク設備、ソフトウェアの保守サービスを、当社が行う「自営保守」の原則があります。そして、多くのスタッフや専用回線を持つたよれーるコンタクトセンター、全国に展開するサポート拠点、社内に数多く在籍する公的資格・メーカー認定資格者が、お客様を強力にサポートしています。

大塚商会の企業情報

大塚商会のサポートは、さまざまなメーカー・機器にも対応!

お客様のお手間を取らせず、一つの窓口でいつでも対応します。