企画から、図面化、デザイン監修までBIM運用で付加価値の高い業務案件へシフト。徹底した業務の標準化にも大きく貢献

「BIMで設計向上を目指したその先に見えたものは、いかに作業を単純化し『誰でもできる化』するかです」

スパイラルデザイン株式会社 導入事例

建設業1~100名CAD(設計支援ツール)情報共有・会議システム研修・人材育成営業・業務プロセス効率化業務データの活用社員育成・人材開発

スパイラルデザイン株式会社は、商業施設の企画・設計に軸足を置く建築設計・デザイン事務所だ。2008年の創業当初から業界に先駆けてBIMに取り組んできた同社は、3Dモデルをウォークスルーすることによる効果的なプレゼンテーションに活用し、国内外の設計コンペティションで大きな成果を上げてきた。建築設計業界が人材難に直面する今、同社のBIMへの取り組みは、異業種からの転職者を即戦力として受け入れることや、それに伴う効果的な教育ツールとしても大きな役割を果たしている。

2019年12月取材

スパイラルデザイン株式会社

導入先の概要

業種
建築設計デザイン
事業内容
商業施設の企画・設計
従業員数
7名(2019年12月現在)
ホームページ
http://www.spiraldesign.jp/

導入の狙い

  • 発注元のトップを魅了する説得力のあるプレゼンテーションを実現したい
  • 2Dベースで感じるワークフローのストレスを改善したい

解決策

BIMツール『ARCHICAD』導入によるワークフローの改善と『BIMx』によるインタラクティブなプレゼンテーションの活用

導入したメリット

  • 効果的かつ訴求力の高いプレゼンテーションが実現
  • 異業種からの人材登用教育への貢献
  • 3D設計の効率向上
  • チームワーク機能を利用したBIMワークフローの実現
  • 代表取締役 クリエーティブディレクター 高橋 武志氏

    「複雑な業務を極限まで単純化し、クリエーティブな時間を生み出す新しいワークスタイルを確立することが重要と考えてます」

  • チーフデザイナー 大濱 直子氏

    「組織の枠を超え、BIMデータを共有、活用していくことが今後の課題であることは間違いありません。これからは、そのための枠組みを業界として検討していく必要があると考えています」

導入製品情報

製品カテゴリー製品名・型番お問い合わせ
BIMソリューションツールARCHICADお問い合わせ
BIMプレゼンテーション
アプリケーション
BIMxお問い合わせ
マネージドネットワーク
サービス(MNS)
たよれーる どこでもコネクトサービスお問い合わせ

この事例を印刷、保存しますか?(無料)*内容は同じです

整形ずみPDFを入手

スパイラルデザイン株式会社 導入事例(PDF:2,975KB)

導入事例詳細

収益の最大化という観点で、商業施設を企画・設計

スパイラルデザイン株式会社は、商業施設の企画・設計を中心にした建築設計・デザイン事務所。商業施設における総合コンサルティングサービスの提供など、業界内で独自の地位を確立するうえで大きな役割を果たしたのが、2008年の創業から続くBIMへの挑戦だった。中国国営企業が手掛けた上海市内の大型商業施設案件がその一例だ。『ARCHICAD』と、インタラクティブな3Dプレゼンテーションを可能にするBIMコミュニケーションツール『BIMx』を組み合わせた提案は発注元トップに高く評価され、6社競合の国際コンペティションを勝ち抜くことにもつながった。

「大型商業施設の設計は、賃貸しやすい区画割を考えながら行うという難しさがあります。『BIMx』による3Dモデルのウォークスルーは、導線確保の工夫など、私たちが知恵を絞ったアイデアを視覚的に表現するうえで大きな意味がありました。建築や不動産の専門家以外の方でもプランのポイントを理解し、決裁できるようになったことこそが、BIMのメリットといえるのではないでしょうか」と代表取締役 クリエーティブディレクターの高橋 武志氏は振り返る。

創業以来、同社が培ってきた商業施設に関するノウハウは、総合コンサルティングサービスの提供にもつながった。都市部の更地が市場に出ると、デベロッパーは設計事務所にボリュームスタディを依頼したうえで、物件の商業的価値を試算することが一般的だが、同社は「いかに利益を生むか」という観点からテナント業種まで想定したプランを短期間でまとめ、多くのデベロッパーから高い評価を得ている。

企画からデザイン、建築設計まで全てを手掛けた「塩小路」のBIMモデル。こちらも『ARCHICAD』で作成されている

3D提案をより効率よく行うためBIMに全面移行

創業当時から3Dの活用に注目してきた同社だが、当時の3Dプレゼンテーションは、CGソフトを使用して2次元CADのデータを3D化するのが一般的だった。だがこのやり方では、3D化した後に修正を行う際、元の2次元のCADデータから全てに修正が必要となり、膨大な手間がかかってしまう。

「当初はCGソフトウェアでレンダリングするなどして、プレゼンテーションデータに仕上げていましたが、最も大きな不満が、2D、3Dのデータが連携していないという非効率でした。既に設計業務の効率向上が大きな課題であっただけに、これを解決しなければ先には進めないと感じていました」(高橋氏)

そこで、以前から取引があった大塚商会に相談し提案されたのがBIMツール『ARCHICAD』だった。

「理想としたのは3Dをベースに顧客との対話を重ね、完成させた3Dデータを2D設計図書に一気に展開できる仕組みでした。誰でも簡単に操作できるという点で『ARCHICAD』は我々が求めるものに最も近いツールであると感じました」(高橋氏)

『ARCHICAD』を導入したのは、同社設立とほぼ同時期のこと。3、4年間の2次元CADとの併用期間を経て、同社はBIMに完全移行している。

徹底した作業の標準化で生産性を大幅に向上

会話しながら複数人で同じ物件を編集し合えるように、オフィスレイアウトにも気を使っている

同社のBIM運用でまず注目したいのは、作業の標準化に向けたルール作りの徹底だ。CADのデータは作成者の癖や得意分野が反映されがちなものだが、データを共有し、共同作業を進めるうえでそれが障害になることも少なくない。

「企画、基本計画から始まり基本設計、実施設計へと『ARCHICAD』で展開していくうえで最も大きなハードルになったのは、詳細図の作成でした。ディテールを熟知するベテランにはBIM3Dモデルの理解が求められ、一方でBIMになじんだ若手は2Dの設計図書について学ぶ必要があることが理由です。人材にも、資本にも余裕のない中小企業が、この課題を乗り越えるには、案件を通してスタッフ全員が成長していくほかありませんが、大きな弊害になったのが作業の属人化でした」(高橋氏)

解決のため同社が取ったのは、物件担当者を固定せず、誰でも対応可能なデータを作成することだった。仕事をシェアし、言葉を交わして作業を進めることでデータ作成手順も自然と標準化されると考えた。

小規模事務所だからこそ可能なやり方ともいえるが、共有を前提にした3Dモデルの運用は同社の強みにもつながっている。その一例が、スケジューリングの大幅な効率向上だ。

「当社の規模を取引先にお伝えすると驚かれることが多いのですが、実は少人数でもしっかりと作り込まれた提案を短期間にまとめ上げられる理由の一つに、一つのモデルデータを、複数人で同時に確認、編集できるチームワーク機能の活用があります。並行して進行する数十案件の進捗(しんちょく)状況を見ながら柔軟にマンパワーを配置できるようになるからです」とチーフデザイナーの大濱 直子氏は語る。

異業種からの採用にもBIMが大きな役割を果たす

『BIMx』なら、『ARCHICAD』で作成したBIMモデルを表現力の優れた3Dモデルビューや図面として、アニメーション化し、タブレット上で効果的なプレゼンテーションが可能だ

柔軟なリクルーティングもBIMの効果の一つだ。建築を専攻する学生が減少する中、特に小規模事務所では新卒者の採用は困難になりつつある。こうした中、同社はIT業界をはじめ異業種出身者を積極的に採用し成果を上げている。驚くことに転職者も入社初日から実案件の3Dモデル制作に関わるという。

「建築設計の仕事に携わってきた人の中には、2Dをベースにした発想から抜け出せないという人もいます。しかし、一般の人にとってはそんなことはありません。むしろ、積み木のようにオブジェクトを積み上げてモデリングする3Dの方がなじみやすいように思います。転職者にはまずオリジナルの教育動画を見ながら3Dモデルの操作に慣れてもらうのですが、意外にスムーズに操作を習得していますね」(高橋氏)

また、BIMの運用はゼネコンや組織系設計事務所でも、いまだに一部の案件にとどまっているのが実情であるという。だが、実際の現場でBIMの運用に触れたい建築系大学生は、同社でアルバイトすることで実地でBIMに触れ、学ぶことができる。同社にとっても彼らは貴重な戦力となっているという。

建築物の構造を視覚的に把握できるBIMを教育にも活用

従業員教育でもBIMは大きな役割を果たしている。

「例えば、建築物が柱と梁(はり)、スラブで成り立っているというようなことが、BIMであれば視覚的に理解できます。それは教える側にとっても楽なことです。また2Dの設計図書の課題でもある干渉におのずと気付かされる点も重要なポイントだと思います。実際『オブジェクト間のこの隙間が気になるのですが、どうすればいいでしょう?』と質問されることも少なくありません」(大濱氏)

求めたのは操作が容易なBIMソフト

建築設計の分野でも人手不足が叫ばれるようになって既に久しい。こうした中、少人数のチームで、顧客に付加価値を提供しながら業務の多様化を実現した背景に、BIMツールとしての『ARCHICAD』の存在があったことは間違いない。

「『ARCHICAD』のメリットとして実感しているのは、シンプルな操作でのモデリングや高速なレンダリングが可能な点ですね。私たちの場合、大塚商会さんからたまたま『ARCHICAD』を紹介され使ってみたわけですが、その存在があったからこそ、今につながっているという思いはあります」(高橋氏)

同社が次の課題として取り組むのが、従業員の多様な働き方の実現だ。現在は、セキュアなリモートアクセスをリーズナブルに実現する『どこでもコネクト』を使ったテレワーク環境の構築に取り組んでいる。

「社内外での情報共有に向けた仕組み作りは、創業当初からの目標の一つでした。私が産休に入ることもあり、まずは従業員のテレワーク環境について私自身が検証してみようと考えたことが『どこでもコネクト』の導入理由です」(大濱氏)

そしてさらなる先に見据えるのが、パートナー企業も包括したBIMデータ共有の仕組み作り。その大前提となるBIMの普及に向け、同社は大塚商会の果たす役割に大きな期待を寄せている。

大塚商会担当者からのコメント

「自社のビジネスモデルとBIMのマッチングに成功した好事例です」

「他社もやっているからうちも試しに」という形ではなかなかBIM運用が進まないのが現実です。スパイラルデザイン株式会社様の場合、ビジネスモデルに対応しながら見事にBIMを活用している点が最大の注目ポイントです。

この事例を印刷、保存しますか?(無料)*内容は同じです

  • 印刷して上司への説明に
  • 印刷して稟議書に添付して
  • 印刷して会議資料に

整形ずみPDFを入手

スパイラルデザイン株式会社 導入事例(PDF:2,975KB)

  • * 本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

大塚商会は、オフィスIT全般について、幅広く対応します

大塚商会は、お客様のビジネスチャンスの獲得やコスト削減・生産性向上・競争力強化といった課題や要望に対するソリューションをワンストップでご提供しています。
また、販売したコンピューター・サーバー・通信機器・複合機などのあらゆるオフィス機器、ネットワーク設備、ソフトウェアの保守サービスを、当社が行う「自営保守」の原則があります。そして、多くのスタッフや専用回線を持つたよれーるコンタクトセンター、全国に展開するサポート拠点、社内に数多く在籍する公的資格・メーカー認定資格者が、お客様を強力にサポートしています。

大塚商会の企業情報

大塚商会のサポートは、さまざまなメーカー・機器にも対応!

お客様のお手間を取らせず、一つの窓口でいつでも対応します。

導入後も支持される安心のアフターフォローとは?

オフィスのIT全般の導入について、お気軽にご相談ください。

最適なソフトを教えてほしい」「費用はいくらくらい?」などのご相談も承っておりますので、気になることはお気軽にご相談ください。

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00189700

ナビゲーションメニュー