オフィスのIT全般の導入について、分かりやすくお答えします。

関東で小売店舗を展開する企業が、全店でPOPなど長尺用紙対応の複合機に入れ替え、運用コスト削減と業務の標準化を実現

株式会社スーパーバリュー 導入事例

2015年11月取材

卸売・小売業、飲食店101~1,000名複合機・コピー機活用文書管理・スキャニング営業・業務プロセス効率化紙文書の管理・活用

埼玉県上尾市に本社を構える株式会社スーパーバリューは、首都圏で食品スーパー事業とホームセンター事業を展開し、急成長を続けている。その店舗数は27店舗に上る。各店舗では、販促用のPOPなどを印刷するために、以前から複合機を導入していたが、今回、その複合機を全てリコー製の複合機『RICOH MP C4503』にリプレースし、一括導入によるボリュームディスカウントで運用コストの大幅な削減や業務の標準化を図ることに成功。現在は、複合機のスキャナー機能を利用したペーパーレス化も推進している。

IT商材、ソリューション導入フロー

  1. 導入前の課題

    • 各店舗で利用している複合機の運用コストを軽減したい
    • 複合機を活用する業務を標準化したい
  2. ご提案内容

    複数台の複合機の一括入れ替えによるボリュームディスカウントをご提案

  3. 導入効果、改善内容

    • 請求書の本社一本化で店舗側の事務負担が軽減された
    • 複合機の一括導入によるボリュームディスカウントで出力機器の運用コストが軽減された
    • 全店舗の複合機の統一化で業務が標準化された
    • スキャナー機能の活用でペーパーレス化を推進できるようになった

導入いただいたIT商材、ソリューション

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています。(無料)

この事例の詳しい内容

株式会社スーパーバリュー 導入事例(PDF:3,320KB)

お客様の声をご紹介

総務担当 アシスタントマネジャー 小池 哲也氏

「今回、当社にとって非常にメリットのある複合機の導入提案をしていただきました。サポート体制も充実しているので大変助かっています。今後は、複合機をより効果的に活用するための情報提供にも期待しています」

大塚商会担当者からのコメント

「複合機の活用をしっかりとサポートします」

複数店舗にある複合機をまとめて入れ替えることで、ボリュームディスカウントによるコスト削減や、スキャン機能の活用によるペーパーレス化などを実現されました。今後も複合機の活用をしっかりとサポートします。

株式会社スーパーバリュー

導入先の概要

業種
小売業
事業内容
食品スーパー(SM)とホームセンター(HC)を併設した複合型小売店舗および食品スーパー(SM)単独小売店舗の経営
従業員数
566名(2015年8月末現在)
ホームページ
http://www.supervalue.jp/

この導入先の少し詳しい説明

創業以来、顧客本位のサービス提供に努め、食品スーパー(SM)とホームセンター(HC)の2本柱で店舗数を急速に拡大している

マイナンバー対策の一環として、複合機のスキャナー機能で人事情報をデジタル化し、アクセス権が設定されたフォルダーに保存・保管する取り組み

長尺用紙にも印刷できる複合機へリプレースしたことで、店内に掲示する販促用の大型ポスターも作成できるようになった

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています。(無料)

  • 印刷して、上司への説明に。
  • 印刷して、稟議書に添付して。
  • 印刷して会議資料に。

この事例の詳しい内容

株式会社スーパーバリュー 導入事例(PDF:3,320KB)

  • * 本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

大塚商会は、オフィスIT全般について、幅広く対応します

大塚商会は、お客様のビジネスチャンスの獲得やコスト削減・生産性向上・競争力強化といった課題や要望に対するソリューションをワンストップでご提供しています。
また、販売したコンピューター・サーバー・通信機器・複合機などのあらゆるオフィス機器、ネットワーク設備、ソフトウェアの保守サービスを、当社が行う「自営保守」の原則があります。そして、多くのスタッフや専用回線を持つたよれーるコンタクトセンター、全国に展開するサポート拠点、社内に数多く在籍する公的資格・メーカー認定資格者が、お客様を強力にサポートしています。

大塚商会の企業情報

大塚商会のサポートは、さまざまなメーカー・機器にも対応!

お客様のお手間を取らせず、一つの窓口でいつでも対応します。