ここから本文です。

BIMの活用を推進するスーパーゼネコンが、3次元CADで意匠・構造・設備設計の整合性を高め、設計施工一貫を強化

株式会社竹中工務店 導入事例

2013年12月取材

日本のランドマークをいくつも建設してきた株式会社竹中工務店。同社は品質向上のための取り組みとしてBIMを積極的に活用。建築設備CAD『Rebro2013』による3次元化で、設計の意図が施工現場に伝わりやすくなり、手戻りが大幅に削減された。

業種 建設業 従業員数 1,001名~
キーワード [Building Information Modeling][建設][3次元CAD][手戻り][Rebro]

導入前の課題

  • BIMによる設計施工の生産性向上
  • BIMとFMの連携を視野に入れた基盤づくり

解決策

○ 使い勝手のよい設備3次元CADの導入

システム導入:

導入による効果

  • 3次元モデルをもとに打ち合わせすることで、設計、施工、建築主の合意形成が容易に
  • 設計と施工の情報共有が強化され、施工時の手戻りが減少
  • 最新鋭設備CADの導入によって、設備設計担当者の作業効率が改善

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社竹中工務店 導入事例(PDF) [1,781KB]

株式会社竹中工務店
株式会社竹中工務店 概要
業種
総合建設業
事業内容
建築工事および土木工事に関する請負、設計および監理
従業員数
7,398名(2013年1月現在)
ホームページ
http://www.takenaka.co.jp/

建物づくりの品質向上の一環として、積極的にBIMへの取り組みを行い『Rebro2013』の活用を全社体制で推進している

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
東京タワーなど日本を代表する、多くのランドマークを手がける

日本を代表するスーパーゼネコンの1社である株式会社竹中工務店は、東京タワー、東京ドーム、あべのハルカスなど、数多くのランドマーク的建造物を手がけてきた。同社の強みは、顧客の"想いをかたちにする"ため、設計部門と生産部門が「創造的な協業」を行う設計施工にある。「竹中デザイン」として広く知られるその設計は、現在も国内外のコンペティションを勝ち抜き、同社のブランド力を確かなものにしている。

経緯
品質向上のため、BIMへの取り組みを推進

同社は現在、BIMの活用を推進している。3次元モデルを使えば、建築主に建物の形態や色、内部の様子や設備などを視覚的に提示でき、円滑な打ち合わせから顧客満足度の向上が図れるからだ。BIMの推進には、社内外で3次元モデルのデータを縦横無尽にやり取りできる体制づくりが必要だ。その一環として、同社では建築設備CAD『Rebro2011』を1年間試用。非常に使いやすいと評価、導入を決めた。

ポイント
設計業務における3次元CADの活用

同社では以前から設計部門から施工部門に送る設計図の精度を高める取り組みを行っていた。施工図を作る段階で設計図の整合性が十分でないと手戻りが発生する。これはスケジュールやコスト、品質にも影響を与える。手戻り解消のため、設計図から施工図を起こす前に3次元CADを用いて整合性をチェックする段階を設けた。運用を始めてから、設計図の完成後に整合性を見るのではなく、基本設計の段階で意匠と構造、設備の整合性のとれた納まり検討を行うことが重要と判明。その検討には建築設備CADが不可欠だった。

BIMを推進する同社では、新入社員を含めた設備系社員に『Rebro』の操作研修を実施している

導入効果と今後の展開
設備設計者のニーズを知り尽くした機能が充実

現在、同社では、納まり検討のため、意匠・構造・設備の職種間で3次元モデルデータを共有、重ね合わせができる体制が整っている。建設設備CADで意匠・構造の3次元モデルに配管やダクトの3次元モデルを重ね合わせて干渉をチェック。干渉が生じた場合は他職種と打ち合わせをするが、問題箇所が一目瞭然のため、設備設計側からの要望がスムーズに通るようになった。2次元図面から完成後のイメージを読み解いていたころとは、労力も時間も削減した省力化した。また、お客様に対しても、竣工後のイメージや使い勝手が早い段階から検証可能となり、安心感を提供することで信頼につなげている。
今後、BIMのデータをFM(ファシリティ・マネジメント)にも活用し、建物をライフサイクルでサポートしていく取り組みを目指している。

お客様の声をご紹介

本社 設計本部 設計企画部 部長 ICT担当 能勢 浩三氏

「設備設計者にとって、モデルの作成しやすさが大きなポイントです。その点で『Rebro』は望ましい選択でした」

東京本店 設計部 設備部門 設備8グループ長 中垣 圭司氏

「導入前に1年間レンタルして全社で試してみたのですが、利用者に行ったアンケートで『Rebro』は使いやすいという感想が非常に多く、採用の大きな決め手になりました」

大阪本店 設計部 プロダクト部門 プロダクトグループ長 有尾 清二郎氏

「今後は設計だけでなく、施工部門においても『Rebro』の活用を促したいと考えています。これを使いこなせれば設計施工一貫体制の強みが発揮できるはずです」

大阪本店 設計部 プロダクト部門 プロダクトグループ 主任 端野 篤隆氏

「『Rebro』の活用により干渉チェックやプレゼンテーションでの活用など幅広い生産性向上の展開が可能となってきます」

大阪本店 設計部 プロダクト部門 プロダクトグループ 松下 文氏

「『Rebro』は、設備設計者が求める機能を充実させようとする動きがあるのも嬉しいですね。またサポート体制もピカイチだと思います」

大塚商会担当者からのコメント

「品質向上に対する姿勢を、私たちも見習います」

業界をリードする竹中工務店さんの品質向上に対する姿勢は、私たち大塚商会も見習うべきだと感じています。今後も、ニーズに沿った的確な提案とサポートを行っていきます。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社竹中工務店 導入事例(PDF) [1,781KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ


この導入事例で使われた製品・システム

2013年12月取材

(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:00029851