ここから本文です。

住宅メーカーが電子購買システムを導入。システムを複合的に活用し、発注、検収や支払業務の合理化を実現

株式会社サーティーフォー 導入事例

2013年10月取材

お客様本位のこだわりの注文住宅・分譲住宅を施工・販売する株式会社サーティーフォーは、『たのめーるプラス』の導入で建材などの発注における無駄を無くし、システムを連携させることで発注から検収、支払までの業務の合理化に成功した。

業種 建設業 従業員数 1~100名
キーワード [電子調達][直接材][間接材][検収票][ASP]

導入前の課題

  • 発注から支払に至る業務ルールの標準化
  • 発注状況の“見える化”

解決策

○ 『たのめーるプラス』を導入し、16万点にも及ぶ材料部品を電子調達

システム導入:

導入による効果

  • 『たのめーるプラス』によって発注から検収までの業務の標準化・効率化
  • 検査票出力プログラムと経理システムの連携によって支払業務が省力化
  • 『どこでもキャビネット』で仕入れ先や社内の情報共有が容易に

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社サーティーフォー 導入事例(PDF) [3,680KB]

株式会社サーティーフォー
株式会社サーティーフォー 概要
業種
不動産業、総合建設業
事業内容
注文住宅・施工販売、条件付き売地販売、建売住宅施工・販売、アパート・マンション施工・販売
従業員数
71名(2013年10月現在)
ホームページ
http://www.thirty-four.co.jp/

お客様の希望を最大限取り入れ、高品質な住宅をつくり出している

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
長く、健康に、幸せに暮らしていける家づくりを

株式会社サーティーフォーは、本社のある神奈川県相模原市を始め県内全域、および東京都を中心に注文住宅・分譲住宅・建売住宅などを施工・販売する住宅メーカーである。1992年の創業以来、「お客様に長く、健康に、幸せに暮らしていただく」ために国内外の優れた建材や工法を積極的に採り入れてきた。注文住宅はもちろん、分譲住宅にも標準仕様に設計やデザインのアレンジが加えられるセミオーダーシステムを採り、お客様の要望に応えている。

経緯
住宅施工に必要な16万点に及ぶ直接材と間接材を電子調達

同社は従来、建材や構造材といった直接材・間接材の発注について、各現場の監督がExcelのフォーマットに入力。プリントアウトしたものをFAXで建材メーカーなどに送っていた。その際、送付済みの発注書の管理が困難で、誰が、いつ、どのメーカーに、何を発注したのかの把握ができなかった。その状態で月当たり1,200件近い発注件数を抱え、管理が非常に煩雑になっていた。また、無駄な発注が重なって、残材を抱える問題もあった。そこで大塚商会に相談したところ、『たのめーるプラス』を提案された。あらゆる資材をインターネットで調達できるうえに、上長が発注を承認するワークフローも完備で、無駄な発注が発生せず、またサーバやシステム管理に手間がかからないASPは魅力的だった。

ポイント
発注・検収・支払一連の業務が合理化

『たのめーるプラス』の導入で、同社は住宅施工に必要な直接材と間接材のほぼすべての電子調達化に成功。煩雑なExcelへの入力業務やFAX送信などの手間と費用は解消された。同社が次に目指すのは、必要な建築材料を各現場の監督が責任を持って発注する体制の確立だ。現在、注文・分譲・建売住宅の多種多様な標準仕様について、材料の数量や単価をあらかじめ設定した『たのめーるプラス』上で、現場監督が入力した発注内容を、サポート担当者が標準仕様と突き合わせ発注漏れ分を調整するなど、体制づくりは着々と進んでいる。
さらに検収済データと連携する『検収票出力プログラム』を導入。現場監督が検収のサインをし、上長が承認した検収票にかぎり経理処理をするようになり、正確な支払が実現した。

調達業務のほぼすべてを電子化している

導入効果と今後の展開
『たのめーるプラス』で蓄積されたデータを分析し、戦略的な調達を目指す

同社では『たのめーるプラス』の導入と同時に、大塚商会のオンラインストレージサービス『たよれーる どこでもキャビネット』も採用。アップロードした図面や写真を発注先の建材メーカーなどと共有している。さらに現場監督もノートPCやタブレット端末で図面が確認できるようになり、紙の図面を何冊も持ち歩かなくてもよくなったと好評だという。
同社では今後、『たのめーるプラス』に蓄積される建材や設備の発注データを分析し、発注の量やタイミングの適正化を図り、次年度のメーカーとの価格交渉に活用していく考えだ。

お客様の声をご紹介

住宅施工部 部長 調達・購買 責任者 唐橋 二之氏

「大塚商会さんとは長年のお付き合いですが、いつでも期待以上の結果を出してくださることに全幅の信頼を寄せています」

管理・経理部 課長 甘利 祥子氏

「発注データを経理システムと連携していただいたことで、支払処理がこれまでよりも格段にスピーディになりました」

住宅施工部 施工管理課 泉田 美野里氏

「『たのめーるプラス』は、発注したい材料がキーワード検索やマイカタログ機能ですぐに呼び出せるので、とても便利です」

社長室 原 有沙氏

「『たのめーるプラス』の導入において、ほとんどシステムに関する知識がなかったのですが、大塚商会さんにいろいろと分かりやすく教えていただいたことを感謝しています」

大塚商会担当者からのコメント

「『たのめーるプラス』のみならずシステムを複合的にご活用いただいております」

業務の合理化に向けて、さまざまな課題をお客様と共にクリアすることができました。システム活用によって、サーティーフォー様がより戦略的な調達にお取り組みいただけるよう、今後もサポートさせていただきます。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

株式会社サーティーフォー 導入事例(PDF) [3,680KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ


この導入事例で使われた製品・システム

2013年10月取材

(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:00031538