ここから本文です。

金網製造の老舗企業が基幹システムを刷新。全営業拠点をインターネットVPNで結び、業務効率の向上と経営情報の可視化を実現

筑豊金網工業株式会社 導入事例

2014年6月取材

筑豊金網工業株式会社は、2014年に開業100周年を迎えた金網・フェンスの老舗企業だ。同社は、大塚商会の基幹業務システム『SMILE BS 販売/会計/人事給与』を導入。全営業拠点をインターネットVPNで結び、全社の経営情報をリアルタイムに把握できる業務基盤を構築した。

業種 製造業 従業員数 1~100名
キーワード [VPN][基幹システム][販売管理][MAたのめーる][拠点]

導入前の課題

  • 時間と手間のかかる月次決算業務などの効率化を図りたい
  • 全拠点のデータを一元管理して経営情報を可視化したい

解決策

○ インターネットVPNと基幹システムの導入

システム導入:

導入による効果

  • 月次決算の試算表作成時間が大幅に短縮できた
  • 全営業拠点の収支状況をリアルタイムに把握できるようになった
  • 見積り作成と受注処理の連動で業務スピードがアップした

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

筑豊金網工業株式会社 導入事例(PDF) [1,997KB]

筑豊金網工業株式会社
筑豊金網工業株式会社 概要
業種
製造業、工事業
事業内容
ひし形金網、各種フェンス、道路・景観製品、法面・河川保護製品、港湾・土木製品などの製造および設置工事
従業員数
71名(2014年6月現在)
ホームページ
http://www.tikuhou.com/

道路・河川・港湾など、あらゆる環境で利用されている金網フェンスなどを製造・販売する同社は、九州で業界トップクラスの実績を持つ

導入事例 ダイジェスト (詳細はPDFをご覧ください)

背景
人々の安全を陰で支えるフェンスのエキスパート

筑豊金網工業株式会社は、明治2年(1869年)に福岡市姪浜で創業。2014年6月に開業100周年を迎えた歴史ある企業だ。事業の中核は、ひし形金網と各種フェンスの製造である。製造業でありながら、施工業務も一貫して行っていることが特長の一つだ。九州で業界トップクラスの実績を長年維持している。同社は、過去の実績に甘んじることなく、常に時代のニーズを敏感にキャッチしながら、フェンスという得意分野を通じて人々の安全を守る重要な役割を果たしている。

経緯
月次決算業務の迅速化や経営面の課題解決に着手

現在、同社は福岡市の本社を中心に、福岡県内にある新原工場と桜原倉庫、熊本・鹿児島・宮崎営業所、佐世保出張所の7拠点で事業を展開している。
同社はこれまで、本社と各営業所や出張所がネットワークで結ばれていなかったので、拠点ごとに請求業務を行っていた。そのため、月次決算の試算表を作成する作業に大変手間がかかっていた。そこで同社は、全拠点の販売管理のデータを本社側で一元管理することで業務の効率化を図り、各拠点の収支状況をタイムリーに掌握できる環境づくりに着手。
信頼できるITベンダーとして大塚商会を含めた2社による新システムのコンペが行われ、最終的に大塚商会が提案した『SMILE BS 販売/会計/人事給与』を中心とした基幹業務システムが選定された。

『SMILE』導入で、業務スピードが大幅にアップ。入力ミスが生じるリスクも軽減されるなど、さまざまな業務効率の結果が出ている

ポイント
業務処理のスピードアップと全社の収支状況の可視化を実現

その後、新システムの構築作業がスタートし、本社に『SMILE BS 販売/会計/人事給与』用のサーバーを設置。各拠点をインターネットVPNで結び、それぞれの拠点のクライアントPCから本社のサーバーにアクセスして販売管理や会計業務が快適に行える環境が整備された。新システムは2009年6月に本稼働し、全社で運用が開始された。以来、大きなトラブルもなく、現在にいたるまで順調に稼働。同社の5拠点において、合計44ライセンスで端末を運用している。その最大の導入効果は、各拠点から入力した販売管理や会計業務のデータを、本社のサーバーで一元管理することで、業務処理のスピードアップと経営情報の可視化が実現された。

本社に導入された基幹システム用サーバーと、各拠点とのVPNネットワーク構築によって、全拠点の収支状況がリアルタイムに把握できるようになった

導入効果と今後の展開
SMILEの各種機能を有効活用し、今後も継続的な業務改善を推進

新システムは運用を開始してから5年が経過し、社内にすっかり定着している。しかし、一部の機能を日々活用している段階で、まだすべての機能を使いこなしているわけではない。その意味では、まだ業務改善の余地が残されている。
同社は、これから取り組むべき課題は決して少なくないが、ITをより効果的に活用することで、継続的な業務改善を確実に進めている。新システム以外でも、ASP型調達・購買システム『MAたのめーる』を導入し、会社全体の購買を一本化している。老舗企業でありながらこのような前向きなチャレンジ精神が、常に業界を一歩リードしている大きな原動力の一つになっているのだ。

お客様の声をご紹介

代表取締役 西島 良助氏

「新システムの構築では、既存の業務を継続して行えるうえで、プラスαの効果を付与していただきました。とりわけ、各拠点のデータが一元化されて、全社の経営情報がリアルタイムに把握できるようになったことが一番の成果です」

専務取締役 西島 清人氏

「SMILEのシステムには、さまざまな便利な機能が実装されています。しかし、すべてを使いこなしているわけではないので、従業員が日々の仕事を円滑に行ううえで役立つ機能があれば、随時教えていただきたいですね」

総務部 課長 梅﨑 完治氏

「大塚商会さんは、何か困ったことがあると迅速に対応してくれるのでありがたいです。特にリモートサポートは、こちらのPC画面を見ながら具体的な操作手順を教えてもらえるので、とても助かっています」

大塚商会担当者からのコメント

「基幹システムの機能をフル活用していただけるよう、これからもサポートしていきます」

今回ご導入された基幹システムを通じて、これからも筑豊金網工業株式会社様の業務効率化のため、幅広くサポートしていきます。

この事例のより詳しい内容をPDFでご用意しています(無料)

印刷して、上司への説明に。 印刷して、稟議書に添付して。 印刷して会議資料に。

より詳しい内容(PDF)をダウンロードする

筑豊金網工業株式会社 導入事例(PDF) [1,997KB]

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

この導入事例に関する資料請求・お問い合わせ

資料請求お問い合わせ


この導入事例で使われた製品・システム

2014年6月取材

(注)本事例中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は取材時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。

関連記事

この事例を見た方が、見ている事例

オフィスをITで強くするヒントを紹介「いまどきのIT活用」

ここまで本文です。

ページID:00045266