コンサルティングのサービスや、対応内容について分かりやすくお答えします。

ビジネスコンサルティングお問い合わせ窓口

03-3514-7950(平日 9:00~17:30)

Fit&Gap分析・要件定義支援コンサルティング

パッケージソフトを軸にしたシステム構築は、ソフトウェア機能とシステムとの整合性が取れているかが重要です。Fit&Gapでは、パッケージソフトと業務の適合性を判断します。

Fit&Gap作業はカスタマイズを最小限にとどめる

パッケージソフトと求めるシステムとの適合性調査は、アドオンやカスタマイズ開発を検討するために必要な作業です。導入方針が徹底されていない、現場中心で導入検討した、などの場合は、結果的にアドオンやカスタマイズ開発が増え、コストがかさみ予算を圧迫することになります。
開発コストを最小限に抑え、自社の業務に合った最適なシステム導入のためには、「To Be モデル(あるべき業務)」を中核に、パッケージソフトとの適合性判断を行う必要があります。一方で、自社においてFit&Gapを客観的に行うことは難しく、第三者の目線で客観的にシステムと業務の適合性を判断することがシステム導入を成功に導くことにつながります。
大塚商会は、これまでの豊富な導入実績をもとに、お客様の要望に合わせて最適なシステム導入の実現を支援します。

開発判断基準例

Fit&Gap報告書例

ビジネスコンサルティングサービス 導入事例をご紹介