インターネットデータセンターについて、分かりやすくお答えします。

情報セキュリティへの取り組み

たよれーるマネジメントサービスセンター(TMSC)が行っている情報セキュリティへの取り組みについてご紹介いたします。

情報セキュリティへの取り組み

昨今、「情報を安全に管理しているのか?」という点に、世間の強い関心が寄せられるようになりました。当センターが行っているセキュリティへの取り組みをご紹介いたします。

技術的対策

人間が健康診断を受けるように、システムも「ぜい弱性診断」という定期チェックを行っています。最新の情報を入手し、安全なシステムであり続けるため、対策を取っております。

物理的対策

システムや機材の設置場所は一定の基準を満たす場所を選び、犯罪、過失、事故、自然災害等の脅威から守るための対策を取っております。

人的対策

実際にシステムの保守や運用を行う担当者は「お客様の大切なシステムをお預かりしている」ことを意識して、日々の業務を行っております。一定の教育を受け、知識と技術を認められて、初めて担当者となります。その後も定期的に最新情報を学び続ける仕組みを取り入れております。

組織的対策

より安全・安心なサービスをご提供するため、「他社事例も教訓として研修を行う」「万一のアクシデントに備えた対策を取り、見直しと改善を行う」等、予防面も力を入れております。

詳しい内容をPDFでご用意しています。(無料)

たよれーるマネジメントサービスセンターが提供するサービスのセキュリティに関する取り組みのをまとめた資料をご用意。

資料をダウンロード
(PDF:723KB)

情報セキュリティ基本方針

株式会社大塚商会
たよれーるマネジメントサービスセンター

当センターは、インターネット社会を取り巻くさまざまな脅威から、お客様ならびに当センターの情報資産を守り、管理された安定的なサービスを提供します。

現在のビジネス環境は、犯罪、過失、事故、自然災害等の各種脅威にさらされております。我々は、お客様ならびに当センターの情報を保護し、安定したサービスを提供すべく方針を整えております。

我々が考える情報セキュリティおよびサービス管理の目的は、各種の脅威から情報資産を保護し、機密性、完全性、可用性の三つの観点で当センターの機能を継続的に維持・向上させることにより、提供するサービスや情報をお客様が安心してご利用いただけるようにすることです。

当センターは、ここに当方針を宣言し、信頼性・安全性の高い、安定したサービスをお客様に継続的に提供してまいります。

  1. 適切な技術的・組織的各種管理策を講じ、情報資産に対する不正侵入、改ざん、情報漏えい、破壊などによるサービス提供への影響が発生しないよう努めてまいります。
  2. 万一、何らかの問題が発生した場合、迅速に原因究明を行い、その被害を最小限にとどめるよう努めてまいります。
  3. 当センター要員に対して、情報セキュリティの確保に関する必要な教育・訓練を行ない、啓発を図ってまいります。
  4. 当センター要員に対して、情報セキュリティおよびサービス管理における方針・目標を理解させると共に、情報セキュリティおよびサービス管理の継続的改善に努めるよう周知徹底を図ってまいります。
  5. 上記活動を継続的に実施、改善し、情報セキュリティ管理体制およびサービス管理体制の確立を図ってまいります。

以 上

2002年4月1日 制定
2007年3月9日 改訂
2014年7月1日 改訂

インターネットデータセンター(iDC) 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。インターネットデータセンター(iDC)を導入した事例をご紹介します。

ナビゲーションメニュー