まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

行動予定表サイネージ Touch DE Schedule

オフィスや現場のDX化に最適なソリューション

Touch DE Scheduleはアナログで運用していた行動予定や資材管理、工程管理をいつでも誰でもどこからでも参照、編集できるデジタルホワイトボードです。

Touch DE Scheduleの特長

  • 社員/スタッフの行動予定をリアルタイムで更新可能
  • 外出先からもスマートフォンなどでらくらく更新
  • Microsoft 365などのスケジュール連携機能を追加
  • マグネット機能で手書きレスを実現
  • 運用に合わせたカスタマイズが可能
  • グループウェアでは難しかったグループ全員の「見える化」を実現

アナログボードに近いイメージでデジタル化が可能

お客様ごとに固有のレイアウトをご提供できますので、現在お使いのアナログボードのイメージに近いかたちでデジタル化のサポートが可能です。また、アナログ掲示板に近いインターフェイスですので、デジタルに弱い人でも取り扱いが容易です。クラウド版ならネットワークにアクセス可能な環境下であれば、いつどこからでも閲覧や操作が可能です。

運用を簡単にする機能が豊富

ログインIDは社員ごとに発行し、管理画面の認証発行を行うことでログイン可能となります。認証解除によりログイン不可とすることも可能です。日頃よく使う行き先や行動などはマグネットとして容易に追加変更ができます。さらにマグネットのメモ機能やリンク機能、スタンプ機能がお客様の運用にあった操作性をサポート。人員の登録・削除や部署替え、表示順番の変更なども容易に行えます。PCやスマートフォンからは汎用(はんよう)ブラウザーで利用でき、専用アプリは不要です。そのため、OSのバージョンアップなどによるアプリの再インストールは必要ありません。レイアウト以外は、お客様にてほぼ全ての機能のメンテナンスが可能です。

グループウェアとのシステム連携で全体的な可視化を実現

ボードデータを取得するためのAPI(cgi)を用意していますので、他システムからTouch DE Scheduleのデータ取得が可能です。そのため、グループウェアとの連携ができ、グループ全体の予定表示が難しいグループウェアもTouch DE Scheduleを利用することにより全体的な可視化を実現します。お客様要件に応じたソフトウェアカスタマイズ(有償)も承ります。

活用事例

活用案1:営業担当者と社内勤務者との連携強化

営業担当者が社外から行動予定の進捗(しんちょく)を入力できます。

活用案2:既存の他システムとの連携(オプション)

社内外のシステムとの連携を視野に入れた、カスタマイズも柔軟に対応できる仕様になっています。

活用案3:操作ログを記録(オプション)

名前マグネットを裏返すタイミングで時刻をログに残します。入退館の時刻として勤怠データに利用したりすることも可能です。ICカードリーダーとの連携にも対応しています(注)。また、予定マグネットや手入力した内容もログとしてデータベース保存していますので、用途に応じて取り出すことも可能です。残業・休日出勤などの申請・承認といったやりとりも確証としてログが活用できます。

  • (注)本機能はTouch DE Schedule単体システムでの機能です。ログデータは全員分一括データとなるため、個々のデータとするには加工が必要です。また、マグネットの裏返しタイミング時刻ですので、本当の入退館を保証するデータではありません。

導入までの流れ

お問い合わせ後の初期検討段階

  1. オンプレミス版かクラウド版かを選択
    お客様の環境にあったものを選択、または提案します。
  2. 運用時のモニター導入イメージの検討
    タッチモニターの要否やサイズなど
  3. 利用目的・人数にあったフレーム構成の検討
    予定表にテンプレートはありません。お客様ごとに構成を提案します。
  4. 上記の提案イメージがお客様の要件を満たしているようであれば、お試し用のクラウド環境を用意することができます。

導入までの流れ

  1. お試し環境にて最長1カ月の期間で使い勝手を見ていただき、フレーム構成などの調整を行います。
  2. お客様の納得がいく構成になりましたらご契約へ。ご契約後、正式環境を用意し、モニター類の準備・搬入、運用開始となります。

Touch DE Scheduleを利用する様子を動画でご紹介

本動画は音声オンで再生されます。音量は、動画プレーヤー画面の下部にあるスピーカーアイコンで調整可能です。[動画再生時間:41秒]

書き起こしテキスト付きの動画ページを見る

タッチディスプレイ、PC、スマートフォンを使用して実際にTouch DE Scheduleを利用している様子をご紹介します。

推奨ディスプレイ(検証済み)

PHILIPSディスプレイにはブラウザーがプリインストールされており、PHILIPSディスプレイのT-Lineシリーズ、D-Lineシリーズ、Q-Lineシリーズであれば、Touch DE Scheduleとの動作検証も確認済みです。「Touch DE Schedule+PHILIPS」なら安心してお使いいただけます。

【無料】デジタルサイネージの豪華資料をダウンロード(全92ページ)

2023年版「デジタルサイネージの全てがこの1冊に。」を無料でダウンロード

デジタルサイネージの「失敗しない選び方」から「メーカーのおすすめ製品紹介」まで気になる情報が盛りだくさんの「全92ページ」

  • サイネージの市場や仕組みが分かる!
  • サイネージの利用用途が分かる!
  • サイネージの選び方が分かる!
  • 各メーカーのおすすめ製品が分かる!
  • 事例やヒアリング項目が分かる!

資料をダウンロード
(無料)

デジタルサイネージの導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。デジタルサイネージを導入した事例をご紹介します。

ナビゲーションメニュー