BI/ETLツールの選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

BI/ETLツールお問い合わせ窓口

03-3514-7566(平日 9:00~17:30)

SAP BusinessObjects

導入企業の規模を選ばない拡張性

SAP BusinessObjects Business Intelligence (BI) solutions のソリューションを導入することで、ビジネスチームの情報活用力を強化し、ユーザーによる意思決定の向上に貢献します。

SAP BusinessObjects 概要

BIから引き出す情報は、部門によって異なります。経営層は当然全社レベルの情報になりますので、明細情報は不要です。しかし、営業担当の場合、自分が担当している顧客、製品に関する明細情報が必要となります。SAP BusinessObjectは、部門、目的、求める情報内容の違いにきめ細かく対応します。

SAP BusinessObjects 特長

SAP BusinessObjects 製品

BusinessObjects Enterprise(Business Intelligence プラットフォーム)

膨大なデータを戦略情報に変え、経営を可視化する情報基盤

戦略ポータル

  1. 利用者個別のMy InfoViewポータル
  2. Web Intelligence、Crystal Reportsドキュメントの活用
  3. Microsoft Officeドキュメントを含むレポートの閲覧とデータの最新表示

卓越したセキュリティ

  1. ユーザーIDで管理された完全なセキュリティ
  2. アクセス情報の監査
  3. 行レベル、オブジェクトレベルセキュリティ

Web Intelligence(クエリ&分析)

シンクライアントで自由自在な検索と多次元分析

優れたセマンティックレイヤー

  1. 対話型操作で自由自在に情報取得
  2. ユニバースとレポートパネル

直感的な自由検索、自由分析

  1. ユニバースによる完全非定型検索
  2. ROLAP(スライスアンドダイスとドリリング)
  3. 関数と式による自由な変数作成
  4. CSV、XLS、PDFへのエクスポート
  5. レポートのスケジュール実行

Crystal Reports(レポーティング)

豊富なデータソース

優れたセマンティックレイヤー

  1. Oracle、DB2、MSSql、Sybase、Teradata…
    ODBC、JDBC、XML、MySQL、Excel、ユニバース
  2. 異なるデータソースから一つのレポート作成

多彩なレポートファンクション

  1. ダイナミックカスケーディングプロンプト
  2. サブレポート
  3. グループとドリルダウン
  4. 条件つき書式
  5. PDF、Microsoft Office(Excel、Word)に出力
  6. リポジトリの活用

多彩なレポートレイアウト

  1. リスト、クロス集計、業務帳票、法定帳票
  2. PDF、Microsoft Officeにダイナミックリンク

Live Office (Business Intelligence プラットフォーム)

定型レポート資産をMS Officeで有効活用

安心できる正確なデータ

  1. Crystal Reports、OLAP IntelligenceのレポートデータをMicrosoft Officeで活用
  2. Microsoft Office ドキュメントから直接データのフィルターやリフレッシュができる

コラボレート能力

  1. ドキュメントに埋め込まれた企業データのセキュリティを維持
  2. 作成されたMicrosoft Office ドキュメントはリポジトリ経由で共有

画面イメージ

画面イメージ

BI/ETLツール 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。BI/ETLツールを導入した事例をご紹介します。