BI/ETLツールの選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

BI/ETLツールお問い合わせ窓口

03-3514-7566(平日 9:00~17:30)

SAP BusinessObjects 特長

高い拡張性、大量データへの柔軟な対応力で、企業の成長・変化とともに、長期間お使いいただけるBI製品です。

SAP BusinessObjects 特長

SAP BusinessObjectsは大きく以下の五つのカテゴリー製品から構成されています。

BIプラットフォーム

SAP BusinessObjects BI Platform
BIシステムの構築から管理までを行う、最も基本的なソフトウェアです。
SAP BusinessObjects Live Office
Microsoft-Office製品とBI機能を統合します。PowerPoint、Excelに含まれるデータをSAP BIシステムに取り込むことも可能です。

レポートと分析

SAP BusinessObjects Web Intelligence
IT部門のサポートを受けることなく、ユーザーによるオリジナルレポートや、分析を可能にする環境を作ります。
SAP Crystal Reports
対話型のガイドに従って操作することで、簡単に定型レポートを作成します。

ダッシュボード

SAP BusinessObjects Dashboards
簡単な操作でダッシュボードを作成するデータのビジュアル化ツールです。ユーザーごとのニーズに合わせたカスタマイズも簡単に行えます。

SAP BusinessObjectsBIを構成する製品と主な特長・機能

SAP BusinessObjectsBIプラットフォーム

SAP BusinessObjects BIプラットフォームは、SAPアプリケーションや、異なる形式のデータ環境を一つに統合するための情報活用基盤です。主な機能は、以下のとおりです。

機能 内容
監査機能 管理者のための機能で、システムの利用状況を分析します。
BI ローンチパッド BI情報をユーザーに配布する機能です。
BI ウィジェット 集計や分析結果など、テキストボックス、ボタン、グラフなど指定した形式でユーザーに情報を配布します。
BI ワークスペース ユーザーが頻繁に参照する情報を統合し、パフォーマンスを向上させます。
情報デザインツール 得られた分析結果や集計結果などを視認性高く表示するためのグラフィカルデザインツールです。

対話処理で高度な分析を実現
SAP BusinessObjects Web Intelligence

機能・特長 内容
定型/非定型レポート作成 通常のWindows操作で使われている「ドラッグ&ドロップ」操作による分析、レポート作成が可能となります。また、必要に応じて、ドリルダウン、異なる切り口による分析、書式設定が行えます。もちろん、外部からも社内と同じ結果を入手できます。
セルフサービス方式のデータアクセス 異種混在データソースを横断し、統一的された方法で全データにアクセスが可能です。
情報共有 作成されたレポートは、同僚、顧客、パートナーと堅牢なセキュリティ環境の中で安全に共有できます。

使い慣れたMS-Office製品とBIシステムを統合
SAP BusinessObjects Live Office

機能・特長 内容
セルフサービスアクセス Microsoft Office製品からBIシステムが集計した結果をドキュメントに直接アクセス可能です。
Microsoft Office Outlookとの連携 Microsoft Outlookで作成する電子メールのメッセージにBIシステムの情報を埋め込むことが可能となります。
安全なデータ更新 Microsoft-Office製品が保持する個別のデータを自動的に更新します。
書式設定と計算 Microsoft-Office製品を使って、取り込んだデータの書式設定や計算が行えます。
ドキュメントの共有 Microsoft-OfficeファイルをSAP BusinessObjects BI プラットフォームに公開することで、ほかのユーザーと情報共有を行います。

簡単な操作で目的に合わせたダッシュボードを作成
SAP BusinessObjects Dashboards

機能・特長 内容
対話形式によるダッシュボード 簡単な方法でさまざまなデータソースやバックエンドシステムに接続し、ダッシュボードに情報が取り込めます。
簡易シミュレーション(what-if)分析機能が搭載されています。
ダッシュボードをポータル、レポート、プレゼンテーション、PDF に埋め込み可能で、しかも、埋め込み先でも対話型の操作が可能です。
高い柔軟性 さまざまなライブデータソースに直接接続し、あらゆる業務 / 分析情報資産をビジュアル化できます。
SDKの使用で、独自のビジュアル化コンポーネントを取り込んで、高度なダッシュボードの作成も可能です。
自由なデザイン環境 ドラッグ&ドロップで自由にダッシュボードのデザインが可能です。 構築済みのテンプレートとサンプルを使用して、短期間でダッシュボードの作成と導入が実現します。

BI/ETLツール 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。BI/ETLツールを導入した事例をご紹介します。