まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

IBM SPSS Statistics / IBM SPSS Modeler

統計解析・データマイニングツール

IBM SPSS Statistics / IBM SPSS Modelerは、データサイエンスの分野で世界的に広く使用されている統計解析・予測分析のスタンダードソフトウェアです。

統計解析とデータマイニング

IBM SPSSには、主に二つの製品ファミリー(統計解析ツールのIBM SPSS Statisticsと、データマイニングツールのIBM SPSS Modeler)があります。

統計解析ツールとは

統計解析ツールは、仮説検定や多変量解析のためのツールです。比較的少ないデータ量(サンプリングした標本)で、仮説を検証することが主な目的のツールです。

仮説検定とは

ある仮説にどの程度の確からしさがあるかを有意確率という数値で確かめることを検定といいます。カイ2乗検定、t検定、F検定等が代表的ですが、一口に仮説検定といってもデータによってさまざまな手法があります。IBM SPSS Statisticsは統計解析に必要な手法を網羅しています。

多変量解析とは

多変量解析には、重回帰分析、主成分分析、因子分析、共分散構造分析等があります。どれも似ている部分がかなりありますし、データマイニングツールと被る部分もありますが、統計解析ツール(IBM SPSS StatisticsとAMOS)における多変量解析は、分析手法やパラメーターを自分で設定して分析結果を自分でしっかり説明できる使い方を想定しています。

データマイニングとは

データマイニングは、大量のデータから機械学習によって利用価値のある法則を取り出す技術です。コンピューター性能の向上により、近年活用が進んできています。取り出した法則は主に、予測するために使われますので、端的に予測分析とも呼ばれます。BI(Business Intelligence)ツールだけではできない多変量解析の技術を応用した分析となりますので、昨今ではBA(Business Analytics)や機械学習(マシンラーニング)といえば、データマイニングのことを指していることもあります。

機械学習とは

機械学習とは、コンピューターが大量のデータから法則を学習することです。さまざまなアルゴリズムが存在しますが、基本的には疲れを知らずに何時間でも計算し続けることができるコンピューターが色々試し、時間さえあればまずまずの当てはまりの良い式に収束することを利用しています。洋服屋さんで手当たり次第に試着してみて合ったお洋服を買うのと似ています。法則が分かることで未来を予測することができます。機械学習を利用することで、それまでは熟練の社員だけが長年の経験と洞察力で予測していたことを「ルール」という形で取り出し、利用できるようになります。

探しているデータ分析関連ツールがみつかる!

データ分析関連ツールには、目的に応じてさまざまなツールがあります。

BI/ETLツール 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。BI/ETLツールを導入した事例をご紹介します。