まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

ほかの生徒がログオンしたPCで「なりすまし使用」の恐れがある

学校向け:学校内の『困った』を解決します

学生を取り巻く環境においても業務の電子化、ネットワーク化が進み、人対人のインターフェースから、人対機械のインターフェースへと変化してきています。こういった環境においては、個(個人)を特定する個人認証の機能、手段が必須となってきています。
個を特定する手段として、ID、パスワードによる認証がありますが、なりすましが容易であり、確実性に欠けています。

解決策

ICカードを使うことにより、リーダーからICカード内に記憶されたID・パスワードを読み取り、個人認証を行ないます。パソコンにログオンするためには、ICカードの携帯が必須となるので、「なりすまし」を防止できます。また、カードを抜くとパソコンにロックがかかりますので、作業中に席を外す場合でも他人にパソコンを操作されることがなく、安心です。

PCログオン管理システム

概要

  • 認証VLAN環境において、非接触ICカードを用いて自動的に認証を行います。
  • VLANへのログオンとWindowsへのログオンを同時に行うことが可能です。
  • カード引き抜き時に画面をロックする機能を備えています。

効果

  • 学生証を用いて認証を行うため、「なりすまし」を防止でき、また多重ログオンの防止にも役立ちます。
    (Pin入力でカードの認証を行います。)
  • カード内に記憶されたID、パスワードを自動送出するため、ユーザーはID、パスワードを記憶しておく必要はありません。

開発元

サクサ株式会社

学校の導入事例をご紹介

まずはお気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00094590