まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

学生証の磁気カードリーダーが磨耗して壊れやすい

学校向け:学校内の『困った』を解決します

磁気ストライプを使ったカードは、銀行・クレジットカードなどでも広く普及していますが、直接リーダーに接触して読み込むため、カードリーダーが磨耗し、読み取りエラーがあとを絶ちません。

解決策

非接触型のICカードであれば、カードとリーダー間での磨耗がないので、メンテナンスが楽です。また、ICカードの表面に磁気ストライプやバーコードを施すこともできますので、段階的に導入することができます。

ICカード学生証

  • カードは銀行カード、クレジットカードなどと同一サイズ、厚みです。
  • 非接触なので、リーダーを通すことによる磨耗がなく、維持費が安価に済みます。
  • 磁気ストライプの貼り付け、バーコードの印刷が可能なため、既存のインフラへの対応も可能となり、スムーズな既存システムからの移行が可能となります。
  • カード面には接点部がないため、図柄、文字、写真などの自由な配置での印刷が可能です。
  • 学生証裏面には通学定期発行のための裏面シールを貼り付けるのが一般的です。

開発元

サクサ株式会社

学校の導入事例をご紹介

まずはお気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00094556