まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

ThinkBoard(シンクボード)

小学校から大学に渡る教育市場はもちろん、民間企業の研修や通信教育のツールとしても多彩な実績を誇るeラーニング教材作成システムであるThinkBoard(シンクボード)は「画像」「音声」「手書き描画」による情報コンテンツ制作ソフトです。
説明を加えたいファイル(Word、PowerPoint、PDF、画像、Webページなど)をパソコンの画面に表示させ、「音声」と「手書き描画」で解説を加えながら記録すれば、簡単に動画コンテンツ(独自形式)ができあがります。

製品情報

e-ラーニング教材作成

従来、復習を前提とした授業が中心となっていましたが、事前に10分程度のビデオにて学習し、授業は応用を中心としたグループ学習やチームティーチングが有効であると認識されるようになってきました。しかし、ビデオ撮影は、撮影機準備や編集にも時間が取られるため、継続は難しいものでした。
ThinkBoardは、Windowsタブレット、もしくは PCとマイクとペンタブレットがあれば、簡単に画面に手書きと音声を加えながらビデオ作成ができます。

一般企業では、集合研修の代わりにThinkBoardで作成したeラーニング教材、もしくはCD-ROMの配布で代用し大幅なコストダウンを実現しています。

授業への応用

チームティーチング

授業中は、ThinkBoardで作成したコンテンツをプロジェクターや電子黒板で、つど投影しながら机間指導をおこなうことができますので、生徒の集中をとぎらせることなく個別対応することができます。
一人でも、効果的にチームティーチングをおこなうことができます。

授業の録画

従来の授業録画は、ビデオカメラを利用して先生や黒板を直接録画するものでしたので、板書の文字が読みづらかったり、先生の陰になって見えにくくなったりしていました。
ThinkBoardで録画したものは、プロジェクターや大型モニターに映されたコンテンツに、先生が書いた文字と先生の声だけが録画されるため、クリアな映像となります。
この方式で録画されたコンテンツは、従来のビデオ形式のファイルに比べ10分の1程度の容量に収まり、長期欠席者へのCD-ROMによる配布にも適しています。

生徒(グループ)の回答作成

ThinkBoardでは、生徒用ライセンスも用意しています。
生徒(グループ)は、授業中に先生が用意した問題の画像(PDF・パワーポイント・写真)を、ファイルサーバーやオンラインストレージサービス『どこでもキャビネット』から参照し、その上に直接、回答を書きながら声で説明を入れていきます(注1)。
これまでのように黒板の問題を書き写してから回答していくのに比べ、時間短縮になります。

注1:生徒ライセンスは最長5分の制限があります。

オンラインストレージサービス どこでもキャビネット

「Wifi画面転送装置McTiVia PROを利用して、見たい生徒(グループ)のPCを選択することで、プロジェクター(モニター)に生徒(グループ)の回答を投影してクラス全体で見ることもできます。

Wifi画面転送装置 McTiVia PRO(マックティビア プロ)

反転授業

ThinkBoardで作成したコンテンツを、どこでもキャビネットのフォルダにドラッグするだけで、生徒は自宅でPCやスマートフォンから翌日の授業の概要を事前に学習(5分~10分)しておくことができます。

フューチャースクール

1ランク上のThinkBoardクラスルームを使用することで、通常のPC教室や生徒一人に1台のタブレットを配布したフューチャースクール(協働学習)も可能となります。

価格(税別)

85,000円~

  • * アカデミック価格、スクール価格が別途あります。

販売元

ゼッタリンクス株式会社

学校のよくあるご質問

学校向け製品や補助金の活用など、学校のよくあるご質問をご紹介します。

学校のよくあるご質問をもっと見る

学校の導入事例をご紹介

まずはお気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00119179