まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

ドライブレコーダー

車での衝突事故などが発生した場合の、客観的な証拠を得ることを目的として映像や音声を記録する車載装置です。飛行機に搭載されているフライトレコーダーの車版です。
平成16年度頃から国土交通省が効果の調査を始め、その結果、事故を防止する一定の効果や交通の安全教育にも力があることが認められ、平成22年度には自動車運送業者(タクシー、バス、トラックなど)には補助金を出すなどして、ドライブレコーダーの活用支援が行われました。
近年はドライブレコーダーの認知度およびメーカー側の開発も進み価格も低くなってきたことから、官民問わず導入が進んでいます。

製品情報

2カメラGPS搭載ドライブレコーダー LVR-SD500GHシリーズ

車外用と車内用、二つのカメラと高性能GPS搭載

  • 二つのカメラで車内、車外を同時に撮影
  • 付属プレーヤーソフト(Windows専用)で確認、分析
  • MicroSD 4GB付属
  • GPS機能搭載

運転者の目線や車の後方、左右の広い範囲の映像が録画でき、わき見による事故や追突、割り込み事故も記録します。

自治体・公益法人の導入事例をご紹介

まずはお気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00118789

ナビゲーションメニュー