まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

住民参加型クラウドサービス
Smart Public IT Service(Spits)

Smart Public IT Service(以下、Spits<スピッツ>)は、ガバメント2.0の取組み、住民サービス向上を支援する自治体向けクラウドサービスです。

Spits(スピッツ)概要

Spits(スピッツ)は、自治体などがインターネットを利用して住民サービスを提供するために必要となるWebポータルページとデータ管理システム、さらにはスマートデバイスを活用して統合的に管理・閲覧できる統合サービスです。

このサービスは、Microsoftのクラウドサービスを基盤として提供され、住民や関係職員から得たさまざまな情報をデータベースへ収集します。管理者専用のポータルシステムから、それらの集約された情報を現状のステータスや対応状況として管理・把握することが可能となります。庁内での作業分担や情報の共有までも一元的に処理できる仕組みを利用することができます。
さらには、その管理ポータルから住民に対する状況の説明や、告知の案内なども写真や地図情報を付加して提供することが可能です。

特長

  • ガバメント2.0(注1)のコンセプトを踏襲
  • 自治体が必要とする基本的な機能を標準提供
  • 迅速かつ安価に利用可能
  • (注1)ガバメント2.0とは、ICTを用いて住民に行政参加をしてもらう行政の新しい取り組み。2009年にトム・オライシー氏が提唱。

基本的な機能

投稿されている情報を閲覧する住民向けWebポータル機能

専用のWebポータルページからユーザーの登録が可能です。登録したユーザーは、自宅のパソコンからもポータルページにアクセスして、情報の投稿や閲覧ができます。道路や公園などの種別や、受付中や対応中などの状態が分かるようになっています。

Webポータルページの投稿画面

投稿がWebポータルページの地図上に表示される。

スマホからの投稿・参照アプリ

住民の方がお手持ちのスマホなどの携帯端末にダウンロードして利用するアプリです。投稿場所をGPSで特定したり、現場の状況を撮影した画像を添付したりすることができます。ほかの投稿情報の閲覧もできます。

行政側に提供されるデータ管理機能

投稿された内容を行政側が管理するための機能です。投稿されたデータに対して、情報の公開・非公開を判断し設定を行います。また、要望としてリクエストがあったものに対しては、現状の状況を入力し進捗状況を伝えます。投稿別の公開・非公開設定や、庁内の関連部署へ対応依頼のメール発信などを行うことができます。

投稿データの集計・分析機能

行政側の業務を支援するために、投稿データを自動集計します。蓄積されたデータは、ダッシュボードとしてグラフやリスト形式で表示されます。これらのデータはエクセルへエクスポートして利用することも可能です。

開発元

株式会社マイスター

自治体・公益法人の導入事例をご紹介

まずはお気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00118790