eValue NSについて、選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1672(平日 9:00~17:30)

eValue NS 2nd Edition 複合機連携ソリューション

複合機からeValue NS 2nd Editionへ、ドキュメントに合わせてさまざまな登録方法が選択可能です。お客様の環境に最適な運用方法でペーパーレスに貢献します。

eValue NSドキュメント管理 Webスキャンオプション

eValue NS Webスキャンオプションは、リコーのデジタル複合機とeValue NSドキュメント管理との連携を実現するオプションです。MFP(デジタル複合機)側からの操作で、スキャンした紙文書のタイトルなどの属性情報をドキュメント管理上に登録します。

スキャンファイルと文書属性の同時登録

MFPの操作パネルでeValue NS ドキュメント管理のフォルダーや文書属性を指定し、スキャンファイルを新規ドキュメントとして登録できます。登録時にテンプレートを選択することも可能です。MFPからの操作に必要な文書管理の各種情報は、リアルタイムに更新されます。

スキャンファイルと文書属性の同時登録

追加登録機能

MFPの操作パネルでeValue NS ドキュメント管理上の既存ドキュメントを選択して、スキャンファイルを追加登録できます。

追加登録機能

OCR認識機能連携

セキュアPDF サーバー for eValue NS (別売り)のOCR認識機能との連携を実現しています。MFPの操作パネル上で、ファイルのスキャンからOCR認識、eValue NS ドキュメント管理への登録までの一連の処理が行えます。

ICカード連携

リコー製のリコー個人認証システムと連携しeValue NS ドキュメント管理のユーザー自動ログオン、およびMFP上での文書登録履歴が表示可能です。

ICカード連携

eValue NS ドキュメント管理 自動登録機能+Quickスキャン

QuickスキャンとeValue NSドキュメント管理の自動登録機能を利用すれば、ドキュメント管理上で設定したフォルダー階層が複合機のパネルに表示されます。パネル上からフォルダー指定、およびタイトルを入力すると自動的にドキュメント管理上にスキャン文書が登録されます。

eValue NS ドキュメント管理 自動登録機能+Quickスキャン

グループウェア 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。グループウェアを導入した事例をご紹介します。