eValue NSについて、選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1672(平日 9:00~17:30)

eValue NS 2nd Edition
ユーザー保守ツール

基幹業務システムなどのユーザー情報を、簡単な手順でeValue NS 2nd EditionやActive Directoryに一括反映します。システムの管理負荷の軽減とセキュリティ強度のアップに貢献します。

ユーザー保守ツールのメリット

eValue NSのユーザー管理負荷を軽減

eValue NSユーザー保守ツールは、グループウェアの管理負荷を大幅に軽減します。CSVファイル内の項目をユーザープロパティのどこに反映させるか関連付けし、スケジューリングして定期的に自動実行させることが可能です。定型フォーマットを用意する必要がなく、既存の人事情報CSVファイルをそのまま活用できます。

Active Directoryの導入、運用に役立つ

CSVファイル形式の人事情報をActive Directoryに一括反映できます。Active Directory新規構築時の大量ユーザー登録、運用中の人事異動や組織変更によるメンテナンスなどで、保守工数を大幅に削減できます。他システムで取り込むために、Active Directoryユーザー/グループ情報をCSVで出力することも可能です。

基幹業務システムと情報システムの人事情報を統合管理

基幹業務システムと情報システムのユーザー情報の同期が容易です。基幹業務システムから出力された人事情報CSVファイルの内容を、eValue NSやActive Directoryに反映できるだけでなく、指定のCSVフォーマットに再加工して出力できます。これにより、人事情報をCSV取り込みでメンテナンスできるシステムとの連携も実現します。

運用イメージ

ユーザー保守ツールは、ユーザーのライフサイクルに対応したメンテナンスを実現します。Active Directoryユーザーデータの他システムへの展開、既存の人事データを活用したさまざまなシステムのユーザー登録作業が、簡単な手順と操作で行えます。

運用イメージ

タスクごとに4ステップのユーザー保守を実現

入社時新入社員/中途入社社員の情報を追加した人事情報CSVファイルを用意
各システムへのCSVファイル内容反映時、ユーザーの新規作成/更新はユーザー保守ツールが自動判定
退社時退職者の退職日付を設定した人事情報CSVファイルを用意
退職日付に基づいて、ユーザー保守ツールがユーザーアカウントの無効化やグループメンバーからの削除などを自動処理
異動、組織変更時異動/組織変更に伴う項目値変更をした人事情報CSVファイルを用意
変更された項目値に沿って、ユーザー保守ツールがユーザー属性の更新やグループメンバーの追加/削除などを自動処理
ユーザーの削除ユーザー保守ツールはユーザーの削除処理は行わないため、無効化されたアカウントを確認しながら、管理者が手動で実施(自動処理による意図しないユーザー削除トラブルを防止)

ユーザー保守ツールが直接人事情報を更新する対象システムは、eValue NS、Active Directory、Exchange Serverです。
その他のシステムについては、取り込み用のCSVファイルを出力するため、その情報を取り込む処理を別途行う必要があります。

グループウェア 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。グループウェアを導入した事例をご紹介します。

ナビゲーションメニュー