まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

PIMSYNCなら複数のスケジューラーを同期でき、効率アップ!

営業支援システム(SFA)やグループウェアのスケジュールの二重入力はもう不要です。「PIMSYNC」は、社内業務の効率化を支援する「スケジュール連携ソフトウェア」です。

PIMSYNCを動画でわかりやすくご紹介

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:3分40秒]

この動画の内容をテキストでご紹介

ビジネスマンの基本中の基本スキル。それはスケジュール管理です。

最近ではグループウェアをモバイル利用することも増えています。
そこへ、営業活動に関連する情報を管理するために
営業支援システムも導入することになったら何が起こるでしょうか?

営業支援システムと全社で利用するスケジューラで、予定やタスクを重複して管理させることになった場合、同期がとれていないと営業活動などに深刻な悪影響を及ぼしかねません。

そこで、PiMSYNC。
複数システムのスケジュールやTo Doを簡単に自動で連携できます。

例えば、ここ「ぴむしん商事」
Garoonをスケジューラとして全社的に活用しています。

そこへ、営業活動強化のため営業部員限定でeセールスマネージャーを導入した場合、

PiMSYNC導入前は
「Garoonにもeセールスマネージャーんも予定いれないといけないの!?」
「Garoonに入ってた全社会議がeセールスマネージャーで見えなかった・・・お客様訪問、入れちゃったよ!」
「営業のスケジュールがガラ空きだからGaroonで会議招集したのに、先約ありってどういうこと? 怒」

PiMSYNCを導入すると
「eセールスマネージャーだけで予定管理が漏れなくできるようになった」
「Garoonで営業サイドの予定も全部見られるようになった」

PiMSYNCは3ステップだけの簡単設定。

どちらのスケジュールに登録しても同期することができます。

企業内のスケジュール連携は「パッケージ製品」でよりカンタンに。
パッケージ製品なら短期間で導入可能。運用コストも抑えられます。

もう安心です。
PiMSYNCはあなたの活動を陰ながら応援しています。

PiMSYNCのことなら、大塚商会にお問い合わせください!

グループウェア 導入事例をご紹介

各社それぞれの課題や状況に合わせて、ITの活用による解決方法をご提案しています。グループウェアを導入した事例をご紹介します。