法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED電球・照明の寿命・球切れ

LED電球・LED照明の寿命・球切れは、約4万時間というのが一般的です。この数字は、使用開始時の明るさの70%程度になる時間を示しています。LED電球は、突然切れて点灯しなくなることはなく、使用しているうちに次第に光力が弱くなっていきます。

LED電球・照明の寿命・球切れについて

LED電球・LED照明の寿命・球切れについては、製品の種類によってメーカーの公表している数字にばらつきはありますが、約4万時間というのが一般的です。この数字は、使用開始時の明るさの70%程度になる時間を示しています。この寿命設定については、日本照明器具工業会が決めています。これに基づいて各メーカーは寿命についてそれぞれ公表しています。LED電球は、従来の白熱電球や蛍光灯のように突然切れて、点灯しなくなることはなく、使用しているうちに次第に光力が弱くなっていきます。

電球内部の電子回路の故障でLEDが突然「球切れ」になることも

LED電球が突然点灯しなくなるケースは、電球そのものが劣化したのではなく、電球内部に組み込まれている電子回路の故障が原因です。回路そのものがずさんなものであったりすると、劣化が早くなり発光部分に電気が届かなくなって突然点灯しなくなることがあります。また、周囲の環境の温度が高くなると、当然電球内部の温度も上がります。この温度が一定数値を超えると通電しなくなるよう回路が設計されていて、そのために点灯しなくなるというケースがあります。LED電球は、発光するLEDチップそのものはほとんど熱を発生させませんが、組み込まれている回路部分が発熱します。このため、周囲の温度環境などによって影響される電球内部の温度を一定に保つために放熱設計が施されています。この放熱設計がずさんだと、回路部分が発する熱を外に逃がすことができず、劣化が早まり4万時間よりも短い時間で通電しなくなってしまうことがあります。現在、LED電球の多くは海外で生産されていることが多く、日本のメーカーも海外生産でLED電球を供給しているケースがほとんどです。しかし、日本のメーカーは、海外の生産現場にも高い水準の品質管理体制を敷いており、買ってすぐに不具合を起こすことはほとんどないと言ってよいでしょう。

「LEDは熱に弱い」という常識は過去のものに

一般の白熱電球の寿命は約1,000~2,000時間、蛍光管の寿命は6,000~1万3,000時間と言われています。これらは、使用していると点滅するようになって点灯しなくなるか、突然点灯しなくなります。これは、発光するフィラメントや蛍光管の寿命が尽きたいわゆる「球切れ」が原因ですが、LED電球は発光するチップが原因というよりも、内蔵されている電子回路の劣化度合いによって寿命が左右されると言ってよいでしょう。日本照明器具工業会は、加速度的にLED電球内部の温度を上げ、寿命を短命化する実証実験を実施しています。それによると、発光部分の温度を150℃以下に保つことで4万時間という寿命を確保できることが分かっています。150℃なんて温度になることがあるのか、と思われるかもしれませんが、電子回路自体の発熱と周囲の温度の関係で150℃以上になる可能性はあります。各メーカーとも、こうしたデータをもとに放熱設計をし、さまざまな環境で4万時間の寿命を保てるように製造しています。かつて「LED電球は熱に弱い。従って周囲の温度が上がる浴室などでの使用は向かない」と言われていたことがありました。しかし、現在では、浴室など周囲の環境温度が高い場所でも、放熱設計をしかるべく実施して寿命を保つ製品が多く出回っています。

4万時間という寿命は、1日10時間点灯させると考えると、8年から10年は交換不要で使い続けることができるということです。しかし、こまめにスイッチを切り、点灯させる時間を短くすることで、交換時期をさらにのばすことができます。長寿命だからといって不必要な時も点灯させるのではなく、こまめな点灯/消灯で1日の点灯時間を短くし、さらに省エネ性能を発揮させることが賢いLEDの活用法と言えるでしょう。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.03

LEDの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介