法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDスタンド・LEDフロアスタンド

LEDスタンドライトは、卓上、机上などで読書などに使うLED照明器具です。また、LEDフロアスタンドライトは、部屋の間接照明などに使うLED照明器具です。いずれもメインの照明として部屋全体を照らすものではなく、セカンド照明としての役割を担っています。

読み方:えるいーでぃ-すたんど・えるいーでぃーふろあすたんど
英語正式表記:LED stand, LED floor stand

LEDスタンド・LEDフロアスタンドとは

LEDスタンドライトは、卓上、机上などで読書などに使うLED照明器具です。LEDフロアスタンドライトは、部屋の間接照明などに使うLED照明器具です。いずれもメインの照明として部屋全体を照らすものではなく、手元、足元など、部分を照らすセカンド照明としての役割を持っています。読書や手作業などで目を使う時の明かり、あるいは、メイン照明を消し眠りにつきやすくするための明かりですから、白昼色ではなく、太陽光に近い自然な光の方が良いでしょう。

LEDスタンドライトの特徴

LEDスタンドライトが登場したてのころは、LED電球が複数取り付けられたタイプがあり、光の影が多重になってしまうので落ち着かないという声もありました。しかし最近は、電球一つで半径約50cmの範囲をムラの少ない光で照らすタイプも出てきています。また、明るさを調整できるタイプもあり、自分の好みの明るさを調節できるタイプも一般的になってきました。

LEDスタンドライトが登場したてのころは、影の多重性や光の質に難があるとされていましたが、最近ではJIS規格の照度基準でA型相当、AA型相当という高いレベルの評価を受ける製品も出回るようになりました。また、新しいタイプとして白昼色や電球色など光の種類を調節できる調光タイプも出てきました。読書や手作業に使うスタンドライトで目の負担を軽くするには、メイン照明のシーリングライト(天井から照らす照明器具)とのバランスが重要になります。シーリングライトが調光タイプのLED照明器具であれば、スタンドライトと光の種類を合わせて使用することをおすすめします。

LEDフロアスタンドライトの特徴

LEDフロアスタンドライトは、多くの場合柔らかい電球色が好まれてきました。LEDは白熱球と違って同じ電球色でも熱を発することがほとんどありませんので、間接照明のために夏の暑い時期に冷房が効きにくくなるということもありません。また、LEDは白熱球よりも小型でデザイン性に優れた材料です。LEDフロアスタンドライトは、リモコン操作で明かりの強さや調光できるものもあり、利便性が高くなっています。

部屋全体を照らすシーリングライトだけでなく間接照明へのニーズが高まってきていた時期に、LED電球、LED蛍光灯が次々に製品化されるようになりました。フロアスタンドライトは白熱球を使うことが多く、電気代が高くなってしまうことがデメリットでしたが、消費電力が小さく電球の交換も長期間必要がないLED照明器具の登場で、間接照明を取れ入れようという家庭や企業が増えてきています。

(C) nobudget LED 研究会 2014.8.18

LEDライトの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介