法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDビジョン

LEDビジョンは、LEDの光源を大量に使用して映像や文字を表現する大型の画像表示装置です。スタジアムやアミューズメント施設だけでなく、一般のビルや街頭などでも、大型のLEDビジョンが採用されるようになってきました。

読み方:えるいーでぃー びじょん
英語正式表記:LED vision

LEDビジョンとは

LEDビジョンは、LEDの光源を大量に使用して映像や文字を表現する大型の画像表示装置です。赤、青、緑のLEDが発する光の三原色を制御することでカラー映像を作り出します。LEDの低価格化が進むにつれて、スタジアムやアミューズメント施設だけでなく、一般のビルや街頭などでも、大型のLEDビジョンを多く目にするようになってきました。

野外で使用されることの多い大型ビジョンには、なぜLEDが光源として利用されているのでしょうか。その理由の一つは、太陽光が降り注ぐ日中に映像を表示させるのに高い輝度が必要になるからです。通常のテレビやディスプレイは、電子ビームやバックライトによって蛍光体やフィルターを間接的に発光させているため、高い輝度は実現できず、日中に野外で使用することはできません。これに対して、LEDビジョンでは、それぞれのLEDが直接発光するため、日中の野外でも利用可能な高い輝度を実現することができます。

LEDが利用されるもう一つの理由は、日中の高い気温や雨にも十分な強度があることです。通常のテレビ画面は高温や雨に弱く、野外で長い間使用していると故障してしまいますが、LEDの場合は一つ一つが素子としてチップ化されているため、熱や水にも強く、高い耐久性を実現しています。また、パネルを追加して組み合わせることによってビジョン全体を限りなく大きくできることもLEDが利用される理由の一つです。パネルの組み合わせ方によっては、円筒形や立方形などさまざまな形状にすることも可能です。

(C) nobudget LED 研究会 2014.9.5

LEDライトの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介