法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDミラーライト

LEDミラーライトは、暗い場所でも鏡を利用できるように対象物を照明するLED補助ライトで、化粧台や洗面台などに使用されます。LEDミラーライトは人の顔や姿を映す鏡用のため、映しだされる対象物の色が、自然光が照らしたときの色に近い、高い演色性が求められます。

読み方:えるいーでぃーみらーらいと
英語正式表記:LED miller light

LEDミラーライトとは

LEDミラーライトは、暗い場所でも鏡を利用できるように対象物を照明するLED補助ライトで、化粧台や洗面台など人の顔や姿を映す鏡用に使用されます。

ミラーライトは、化粧や調髪、治療など、肌や髪の毛をケアする際に利用されることが多いため、照らし出される対象物の色が、自然光が照らしたときの色に近い、高い演色性が求められます。そのため、これまでは、フィラメントを加熱して発光させる白熱電球が多く使われてきました。しかし、最近のLED電球・LED照明は、発光効率だけでなく演色性を高めたさまざまな製品が提供されており、ミラーライトの用途に見合った製品を選択できるようになっています。

演色性の高さをより正確に判断するのに役立つ指標としては、日本工業規格(JIS)の照明基準則(JISZ9110:2010)に定められたRa(平均演色評価数)という基準があります。この数値は大きいほど、色の見え方が自然の光に近いことを表しています。例えば、屋外での粗い作業(例:連続的に行われる大きな物/危険物の取り扱い作業など)や、構内での通常の交通(最高40km/h、バス停およびタクシー乗り場を含む)ではRaが20と低く設定されていますが、色の忠実性が求められる美容室での調髪業務や診察室での医療業務では、Raは90と高く設定されています。こうした指標を参考にして、製品選びを行う必要があるでしょう。

また、ミラーライトにもう一つ求められるのが安全性です。LED照明では、赤外線や紫外線など有害な光線を発生しないため、人に利用するミラーライトとして安心して利用することができます。

(C) nobudget LED 研究会 2014.9.17

LEDライトの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介