法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDパトライト

LEDパトライトは、LEDを光源とした回転灯のことです。パトカーや消防自動車、救急車などの緊急車両をはじめ、病院の緊急搬送入り口や駐車場入り口、さらに、一般店舗の広告用としても利用されるようになってきました。

読み方:えるいーでぃーぱとらいと
英語正式表記:LED rotating warning light

LEDパトライトとは

LEDパトライトは、LEDを光源とした回転灯のことです。パトカーや消防自動車、救急車といった緊急車両の車上に取り付けられている点滅するライトです。また、病院の緊急搬送入り口や駐車場入り口、工事現場などでも、車両などの出入りを知らせる目的で使われます。いずれも周囲に注意を喚起する重要な役割を持っていると言えます。

パトライトは車上や屋外で使われるため、防塵(ぼうじん)性、防水性がとても重要です。その点LED電球は柔軟に対応できすることが可能で、密閉性の高い製品設計が行えます。また、長寿命で交換などのメンテナンスが少なくてすむことも、パトライト用途での利用に適している理由です。こうしたことから、従来の電球に代わってLEDが活用されることが多くなりました。

緊急車両や車の出入り口などの注意喚起といった用途のほか、近年では一般の店舗などの店頭でも、人目をひく広告用としても使われるケースも見受けられます。色違いの複数のLEDパトライトを使ったタワー型のLEDパトライトなども製品化されており、今後も多様な商品が開発されていきそうです。

(C) nobudget LED 研究会 2014.9.17

LEDライトの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介