法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED野菜工場

LED野菜工場は、太陽光でなくLEDの光で野菜を栽培する工場です。光源としてLEDを利用し作物の生育環境を管理することで、生産効率の向上や出荷時期の正確なコントロール、品質の向上などが期待できます。

読み方:えるいーでぃーやさいこうじょう
英語正式表記:LED vegetable factory

LED野菜工場とは

LED野菜工場は、太陽光でなくLEDの光で野菜を栽培する工場です。人工光の栽培では、日照より長時間の光を当てることができ、また生育状況に応じて変化させるなども可能なので、季節や天候に左右されることなく安定した栽培ができます。さらに、LED光源では野菜の生育に適した強さや波長の光を使うことで成長を促進し、付加価値の高い野菜を生産することが可能となります。

野菜工場は、田畑でなく建物内で野菜を栽培する施設、あるいは農法を指します。作物の生育環境を管理することで、生産効率の向上や出荷時期の正確なコントロール、品質の向上を目指すものです。野菜工場では太陽光を取り入れる場合もありますが、しばしば人工光が使われます。太陽光を頼りにしていると季節や天候により日照時間が限られるのに対し、人工光を使えば太陽光より強い光を照射することも可能で、しかも1日により長く「昼間」の時間を取ることができるので生育を早めることが可能な上に、光源と野菜を棚のように何層にも積み重ねて狭い面積でより多くの収穫を得ることができます。また、野菜の種類によっては「昼間」の時間を制御することで開花時期を管理することも行われます。

LED野菜工場では、この光源としてLEDを使っています。LEDは、蛍光灯などに比べて電力を光に変える効率が高く省電力化しやすいこと、発熱も少なく野菜工場内の温度管理も容易になるなどのメリットがあります。また、LEDは特定の波長だけを放つので、植物の生育に適した波長を選ぶことで、さらに効率性が高まります。

(C) nobudget LED 研究会 2014.9.17

LEDライトの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介