法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

防水LED電球・防水LED照明

防水LED電球・防水LED照明は防水加工を施されたLED電球やLED照明器具のことです。ビニールハウスや家畜舎、魚の養殖施設などで使われており、防水性だけでなく防塵(ぼうじん)性も合わせて強化されている製品が主流になっています。

読み方:ぼうすいえるいーでぃーでんきゅう・ぼうすいえるいーでぃーしょうめい

防水LED電球・防水LED照明とは

防水LED電球・防水LED照明は防水加工を施されたLED電球、またはLED照明器具のことです。ビニールハウスや家畜舎などで使用されるほか、魚の養殖施設などでも使われます。防水LED電球・防水LED照明は、ちりや埃(ほこり)などが機器内に入り込みにくい防塵性も合わせて強化されている製品が主流になっています。従来の電球を使った防水・防塵照明機器よりも、消費電力が少なく電球交換の手間も負担が少ないこと、高輝度LEDの開発で光量についても従来製品と比べても劣らないことから、今では多くの現場で活用されています。

防水・防塵の基準はJISで決められており、IPのあとに続くニつの数字で示されます。最初の数字は防塵性能、2番目の数字で防水性能を示します。数字が大きいほど性能が高く、防水LED電球・防水LED照明は防水性能が6以上のものが多いようです。防水性能6は、「波浪または,あらゆる方向からの強い直接噴流」にも耐えられる防水性、7は「規定の圧力、時間で水に浸漬(一時的な水没)」にも耐えられものです。

農業、畜産業、養殖業などでは、もともとコスト削減の余地が少なく、照明器具のランニングコスト削減は大きなメリットを生み出すことから、従来の電球を使ったものから防水LED電球・防水LED照明への転換が注目されています。太陽光発電施設などと組み合わせる方法も取り入れられており、1施設で多くの電球が使用されることから小型軽量化も進められています。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.3

LEDライトの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介