法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDブラケット

LEDブラケットは、壁面、柱などに取り付ける補助照明で、光源にLEDを利用しているものです。メイン照明と相乗効果を生み出すような、アクセントとなるような光を生み出すサブ的な照明です。

読み方:えるいーでぃーぶらけっと
英語正式表記:LED bracket

LEDブラケットとは

ブラケットは、壁面や柱に取り付ける補助照明のことです。メイン照明に対してアクセントとなるような光を生み出す、補助照明のことを指します。LED照明に切り替わってからも同様で、壁に取り付ける照明をLEDブラケットと呼びます。室内だけでなく、屋外の壁面に取り付ける照明器具や電球をブラケットと呼ぶこともあります。また、補助的な照明という意味から、自転車のサブ照明をブラケットと呼ぶこともあります。

メイン照明のアクセントとなるような壁に取り付ける補助的な照明器具であることから、デザイン性の高い傘やランプシェードをともなった照明器具が数多く登場しています。洋風、和風などさまざまなデザインがあり、部屋の雰囲気に合わせて選択することができます。電球の色も、白、電球色などバリエーションが豊富です。照明としてアクセントとなるだけではなく、部屋全体のアクセントとして機能します。

デザイン性の高いものが主流ですが、トイレや洗面所の壁に取り付ける場合は、デザインやアクセントとなる明かりというよりも、実用的な意味があって取り付ける場合がほとんどです。また、外壁に取り付けて防犯用ライトとして使われているものもあります。壁に取り付けるタイプであり補助的役割の照明器具をブラケットと呼んでいることから、製品としてのバリエーションが豊富なこともブラケットの特長と言えます。

(C) nobudget LED 研究会 2014.9.17

LEDパーツの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介