法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED四角型

LED照明において、「ソケット」には二つの意味があります。一つはLED電球を装着するための金具のことで、もう一つは基板にLEDそのものを装着するための受け口のことです。四角型というときには通常後者で、四角型LED用のソケットのことを指します。

読み方:えるいーでぃーしかくがた

LED四角型とは

LED照明において、「ソケット」には二つの意味があります。一つはLED電球を装着するための金具のことで、もう一つは基板においてLEDを装着するための受け口のことです。四角型というときには通常後者で、四角型LED用のソケットのことを指します。

四角型のLEDは、基板に並べる際にすき間なく並べることができます。利用するLEDはフラットタイプ、砲弾型、などさまざまなタイプのLEDが取り付けられます。四角という形状が、基板に装着する際にすき間なく装着できスペースを効率的に使えます。しかし、LEDが四角型だからといって、ソケットも四角であるとは限らず、丸型も販売されています。

LED四角型のソケットには、LEDチップをテストするためのソケットも作られています。テスト用ソケットを利用することで、パッケージングの前にLEDチップの選別を行うことが可能となります。また、基板に取り付けるソケットの特徴としてLEDチップの装着できる位置を正面だけでなく横などに設け、機能に付加価値を付けることができるものもあります。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.3

LEDパーツの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介