法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LED VAパネル

LED VAパネルとは、LEDバックライトを使ったVA方式の液晶パネルを指します。VA方式とは「Vertical Alignment」の略で、コントラストの高い映像を表現できるとされており、液晶TVなどで広く使われています。

読み方:えるいーでぃー ぶいえーぱねる

LED VAパネルとは

LED VAパネルとは、LEDバックライトを使ったVA方式の液晶パネルを指します。VA方式とは「Vertical Alignment」の略で、液晶分子が視線に対し垂直方向に配向しており、電圧を加えると傾いて偏光させる方式です。コントラストの高い映像を表現できるとされ、液晶TVなどで広く使われています。

液晶とは、液状でありながら結晶のように分子の向きがそろった状態の物質を指し、さまざまな化合物があります。液晶パネルでは、2枚のガラス基板の間に液晶を封入し、電圧により分子の向きを制御して光を変化させます。液晶分子が電圧により傾きを変えると、そこを通る光の偏光状態が変わり、パネルに張り合わされた偏光フィルムを通じて光の明暗を作ります。液晶は電圧をかけていない状態での分子の向きと、電圧をかけたときに変化する向きによって分類されており、VA方式は初期状態で垂直方向、電圧をかけると傾くものを指します。傾きの方向が一定だと、画面を見る方向により色や明るさが違って見える視野角依存性が生じるため、ガラス基板の内面に微細な凹凸を設けるなどして電圧を加えた際に傾く方向を制御し、視野角依存性を低減しています。VA液晶パネルはコントラストの高さが最大の特徴で、加えて視野角依存性も抑えられているため、液晶TVに広く使われています。

一方、液晶TVは基本的に透過型液晶、すなわち背面からの光を利用したものです。その光源はバックライトと呼ばれ、蛍光灯の一種である冷陰極管やLEDが用いられています。LEDバックライトでは明暗を制御しやすいことから、暗いシーンではバックライトも暗くしたり、画面上の暗い部分だけを暗くしたりするなど、液晶と一体化した制御を行うことで、電力消費を抑えながらコントラストを高める機能を持つ液晶TVもあります。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.3

LEDパーツの関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介