法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

LEDを使って自作野菜の栽培

LED照明を使って植物を栽培する家庭用のキットが販売されています。家庭でLEDによる自作野菜の栽培を行うには、栄養素を含む水のみを用いる水耕栽培が一般的です。水耕栽培の野菜は、効率的に栄養を吸収するために成長が早く、栄養価も高いと言われています。

LEDを使った自作野菜の栽培

室内などの閉鎖的な環境において、人工光を光源として植物を計画的に栽培する植物工場は、1950年代に日照時間が短い北欧で始まりました。日本でも1970年代から実験が行われてきましたが、近年は農林水産省と経済産業省が普及拡大に取り組み、天候に関係なく安定した計画栽培が可能なことから、現在は多くの企業が植物工場の事業に参入しています。

植物工場が急増したきっかけの一つとなったのが、LED照明の普及です。従来の植物工場では、人工光の光源として白熱電球や蛍光灯が使われてきましたが、コスト(電気代)や発熱、紫外線による虫害などの課題がありました。そうした課題は、LED照明によって一気に解決しました。

LEDには、従来の光源に比べて寿命が長く、同じ明るさでの消費電力が少ないという特長があります。発熱量が少ないため、植物が葉焼けすることもありません。紫外線を発しないので虫が寄ってくることもなく、害虫駆除の農薬を使用しない無農薬野菜が収穫できるなど、さまざまな利点があります。

この植物工場の成功をきっかけに、現在はLED照明を使って植物を栽培する家庭用のキットが販売されています。家庭でLEDによる自作野菜の栽培を行うには、土を使わずに栄養素を含む水のみを用いる水耕栽培が一般的です。LED照明を光源にした水耕栽培の野菜は、効率的に栄養を吸収するために成長が早く、栄養価も高いと言われています。なお、光合成や葉緑素合成に最も効果があるのは赤色LED、続いて青色LEDです。赤色LEDには害虫駆除、青色LEDには殺菌作用の効果もあります。

(C) nobudget LED 研究会 2014.10.03

LEDニュース・事例の関連情報

LED照明関連情報

ご質問は迅速・丁寧に回答

大塚商会では単に製品を販売するだけでなく、お客様の現状やご要望を第一に考え、導入におけるさまざまなアドバイスやご提案をさせていただいております。どんなことでもお気軽にご相談ください。

お見積り・資料請求・お問い合わせ

無駄な点灯時間の削減にも取り組みませんか?

LED照明をセンサーで「賢く」すれば、こまめな消灯を簡単に行えます

照明コストは「電力消費×点灯時間」で成り立っています。LED化すれば省電力になり、人感センサーや無線スイッチを組み合わせると不要な点灯を防止できます。ぜひ、ダブル削減をご検討ください。

LED照明の無駄遣い発見/制御(BEMS/電力「見える化・見せる化」)

総務の方必見! オフィスのコストと手間のダブル削減方法をこっそり教えます

LED照明の導入事例をご紹介