法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター LED相談室

0120-957-355(平日 9:00~17:30)

2020年 いまLEDへの入れ替えをおすすめする理由

当社でご案内できるLED照明と照明制御の導入は、テレワーク投資の原資を作ったり、感染症のリスクとなる接触を減らしたりすることに役立ちます。いまLEDへの入れ替えをするべき理由をご紹介します。

照明で「経費削減」「感染リスクとなる接触を減らす」

コロナへの数々の対策が必要となった今、LEDにより「固定費(電気代)を削減してテレワーク投資の原資にあてる」だけでなく、当社ならLEDと合わせてご提案する照明制御オプションにより「感染症のリスクとなる接触を減らす」「無駄な点灯を減らす」というお役立ちができます。また、既存照明が残っている場合は、水俣条約で水銀灯の生産、輸出入が禁止、政府の推進による蛍光ランプ(管)の生産終了の発表されていますので、LED未導入のお客様もぜひこの機会にご検討ください。

自粛前後で LED照明への市場のニーズは変わっていません

「いま照明の入れ替えをしている場合ではない」そうお考えではありませんか。当社のホームページへのお問い合わせ数はこの半年で大きな増減はなく、前年同時期と比べると増加しています。市場のLED照明への入れ替えニーズは今も変わっていません。

いま入れ替える理由を詳しくご紹介

2020年も残りわずか。早めの対策を!

大手照明メーカーの蛍光灯器具や水銀ランプの生産終了の発表などにより、2020年を節目に照明の環境が変わってきています。まずは何が起きるのかを知り、早めに対策することをお勧めします。

照明の2020年問題とは?

ナビゲーションメニュー