法人向けLED照明の選び方や価格のご相談など、分かりやすくお答えします。

大塚商会 インサイドビジネスセンター LED相談室

0120-957-355(平日 9:00~17:30)

照明器具にも寿命があります!

LED照明導入に役立つ資料をプレゼント

10年経過した照明器具は点検と交換が必要です!「ランプの交換頻度が多い」「明るくならない」「チラツキが増えてきた」など、寿命となった照明器具への対応方法をご紹介します。

寿命となった照明器具の危険性とその対応方法

古い照明器具を使い続けてしまうその理由とは?

日本照明工業会では、照明器具の寿命は10年といわれています。病院、コンビニなど、昼夜連続点灯のところでは、半分以下の場合もあります。照明器具は、耐用年数に限りがあるにもかかわらず、古い照明器具を使い続けるケースは多いのです。その理由は、劣化している部分が外観からは見えず、一応照明は点灯してしまうことにあります。

古い照明器具を使い続ける危険性

照明器具故障の大半は、安定器の劣化が原因です。安定器の劣化は、ランプの頻繁な交換を招いたり、ちらつき、照度低下の原因になったりします。加えて、点灯しているからといって放置していれば、消費電力、発熱の増加から、焼損・漏電につながるのです。思わぬトラブルにあわないためにも早めの対策が必要です。

劣化の予兆と対応方法

照明器具で「ランプの交換頻度が多くなってきている」「明るくならない」「チラツキが増えてきた」といったことはありませんか? 当てはまるお客様は、照明器具の交換が必要かもしれません。大塚商会では寿命となった照明器具の対応を3パターンご用意しています。

さらに詳しく知りたい方へ
無料の資料をご用意しました!

「貴社の蛍光灯は大丈夫? 照明器具にも寿命があります!」のPDFを無料でダウンロード

寿命となった照明器具の対応方法をご紹介します。照明器具の適正交換時期や10年を過ぎた照明器具の検証結果なども掲載しています。この機会にぜひ資料をご覧ください。

資料をダウンロード(無料)