症状:電気代と通信費が、ズシンと重たいんです。

コロナ禍の現在、感染防止やテレワークなどへの投資が必要となっていますが、問題はその財源です。必要な財源を捻出するため、経費削減につながる固定費を見直しましょう。

「固定費削減」でよくある症状3つ

1電気代が高く、感染防止やテレワークへの投資が後回しになっているんです。

照明の消費電力量を下げましょう!

  • LED

    LEDで電力使用量を抑えられる

2通信代が高く、感染防止やテレワークへの投資が後回しになっているんです。

最適な通信プランへ変更しましょう!

  • 固定回線

    最適な固定回線への見直しで費用対効果をあげる

  • モバイル回線

    最適なモバイル回線への見直しで費用対効果をあげる

3月次の集計など決まっている業務が多く、残業が減らないんです。

残業抑制・定型業務の自動化で
人にかかる固定費も削減しましょう!

  • 一斉消灯

    帰るきっかけを作ることで残業の抑制につながる

  • RPA

    定型業務を自動化することで業務効率をあげる

なぜ対処が必要なの?

コロナ禍で経営を続けるうえで、固定費の削減は待ったなしの状況となっています。社員に無理を押し付けることなく毎月の固定費を削減し、コロナ対策のために増えた経費をカバーする必要があるからです。

ITで今をのりきり、生産性も向上させましょう!

今取り組むべき課題解決策がまとまった資料はこちら

「感染を防止する」「業務を継続する」「固定費を下げる」「紙文化を見直す」「セキュリティを固める」などの課題に対する解決策をまとめた資料をご用意しました。会社を強くしたい、課題をチェックしたいというご要望にもピッタリ!ぜひご一読ください。

他にも! こんなお悩みございませんか?

お気軽にお問い合せください

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話のお問い合わせ

【総合受付窓口】大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

ページID:00197626

ページID:00197626