ここから本文です。

バッファロー サーバー/ストレージ「TS-XHL/R6VCシリーズ」

中堅中小企業に最適な情報セキュリティ対策
ウイルスチェック機能を搭載したネットワークストレージ

PC用周辺機器のトップベンダーとして30年以上の歴史があるメルコグループの株式会社バッファロー。 外部記憶装置の分野では常に市場を牽引する立場にある同社だが、法人向けネットワークストレージでも国内トップクラスのシェアを誇っている。そのバッファローが情報セキュリティ対策に最適な新しいストレージを投入した。
新製品について、同社取締役 中井 一氏に話を伺った。(公開日:2010年10月15日)

LinuxベースのNASで多くのご支持をいただいている

株式会社バッファローは、旧社名の株式会社メルコ(現在はグループを統括する持ち株会社へ移行)時代から、主にコンシューマおよび中堅中小企業向けのPC用周辺機器を提供するベンダーとして成長を続けてきた企業だ。とりわけ、増設メモリや外付けハードディスクなどの外部記憶装置、あるいは無線ネットワーク機器の分野では、常に国内トップクラスの高いシェアを獲得し続けてきた。その秘訣を同社取締役の中井 一氏は次のように分析する。

中井氏 「当社には、お客様が何を求めているのか、何に困っているのかを考え、それを解決するための製品を提供すること ―― すなわちユーザニーズの具現化をポリシーとしており、これがこれまで高シェアを獲得できた大きな要因だと考えています」

この姿勢はコンシューマ向けの製品に限ったことではなく、法人向けのビジネスユースについても同様だ。それが奏功してネットワークストレージ(NAS)の分野では、非常に高いシェアを持っている。発売以来5年以上の実績があるストレージの主力ブランド「テラステーション」は、LinuxベースのNASというカテゴリにおいて多くのユーザの支持を集め、オフィスにおけるファイルサーバーという使い方を身近にしたものだった。

株式会社バッファロー
取締役
市場開発事業部長
中井 一氏

このページの先頭へ

世界で初めてウイルスチェック機能を搭載

そのバッファローが中堅中小企業に最適な新しいストレージ製品を投入した。テラステーションの新機種「TS-XHL/R6VCシリーズ」だ。

中井氏「セキュリティ対策が進みつつあるとは言え、今なお不安を抱えているお客様の声も多く耳にします。ビジネスにとって重要なデータがウイルスに感染したり、改ざんされたり、持ち出されたりといったケースを未然に防ぎたいという要望が非常に多く、その解決策として開発したのが、この製品です」

セキュリティ対策に最適だという新製品の最大の特長は、ウイルスチェック機能としてトレンドマイクロの「Trend Micro NAS Security」を採用した点にある。中井氏によれば、Linuxベースのネットワークストレージとしては世界で初めてウイルスチェック機能を搭載したものだという。

中井氏 「オフィスでは、ファイルサーバーがウイルス感染の原因になることがあります。テラステーションのようなLinuxベースのNASは、リーズナブルな価格で導入しやすい反面、セキュリティ対策のアプリケーションを独自にインストールできないというデメリットもありました。そこで、テラステーションにウイルスチェック機能を追加すれば、お客様に満足していただけるという発想で開発しました」

このページの先頭へ

最大5年の長期ライセンスも用意

使い方は非常に簡単だ。テラステーションをネットワークに接続した時点で自動的にアクティベーションの仕組みが開始される。特別な設定も不要なので、情報システム担当の専任者が不在の中小企業でも、容易に導入できる。ウイルスが発見されたファイルは隔離または削除され、その旨は担当者にメールで送信される仕組みだ。

製品開発は、トレンドマイクロと密接に協力して行われた。特に苦労したのは、NASへアクセスが集中した際に、その負荷がパフォーマンスに影響しないように工夫した点だという。

ウイルスチェック機能は、1年または5年のライセンス付きで提供される。

中井氏「ウイルス対策製品は1年ごとに契約を更新するのが一般的ですが、多くの企業から長期間一括して購入したいという要望があり、それに応えるために5年ライセンスを用意しました」

ライセンスを延長する1年、3年、5年のウイルスチェック機能拡張・延長パック「OP-TSVC」を購入するだけで最大5年間は利用し続けることが可能だ。

このページの先頭へ

  • 本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は公開時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。(公開日:2010年10月15日)

メーカーズボイス

気になる製品がございましたらまずはお問い合わせください。

Webによるお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

このページの先頭へ

ここまで本文です。

ページID:00081346