まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

場所もデバイスも自由に選べるワークスタイルを実現する

シトリックス モバイルワークスペース「Citrix Workspace Suite」

ワークスタイルが大きく変革し、社内だけでなく社外でも仕事をすることが当たり前になってきている。しかし、社外で仕事をする際にはセキュリティやデータ保護などの課題が懸念される。「そんな課題を解決し、社外でも社内でも安全に、管理者の方にとっても、現場でも使いやすく働きやすい環境を提供します」と話すのは、シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 営業推進本部 プロダクトソリューション推進部 シニアプロダクトソリューション推進マネージャーの竹内裕治氏。シトリックスのソリューションが実現する新しいワークスタイルとはどんな世界なのか。竹内氏と同社の広域営業本部 広域営業部アカウントマネージャーの鴨打英明氏に、シトリックスのソリューションが実現するワークスタイル変革とはどんなものなのか、詳しく伺った。

[2016年 3月17日公開]

インタビューの注目ポイント

  • 時間、場所を選ばずに作業することが可能に
  • 外出先での作業が社内のパソコンに反映
  • BYODだけでなく、古いパソコンを再利用することも可能に

動画で見る ご紹介製品のポイント

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:6分26秒]

JavaScript がオフになっているか、古いバージョンの Adobe Flash Player を使用しています。
最新の Adobe Flash Player を入手してください。

記事でご紹介している製品の特長、便利で効果的な利用ポイントなどを、取材を受けていただいた担当者・関係者から、お客様に動画でお伝えします。大塚商会は、メーカーとの信頼関係による協力のもと、お客様のIT活用の促進を支援します。

メーカーご担当者紹介

  • シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
    営業推進本部 プロダクトソリューション推進部
    シニアプロダクトソリューション推進マネージャー
    竹内 裕治氏

  • シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
    広域営業本部 広域営業部 アカウントマネージャー
    鴨打 英明氏

インタビュー内容

時間、場所を選ばずに作業することが可能に

インタビュアー

ワークスタイルが変わり、オフィス内だけでなく社外でもパソコンやスマートデバイスを使って仕事をすることが増えています。

竹内氏

現在はもう、決まった場所、時間だけで働くというスタイルに固定しなくてもよくなっています。仮想化や、モバイルなどテクノロジーの進化によって、時間と場所の制約を受けずに仕事ができるようになってきているのです。それを支援するのが当社の「Citrix Workspace Suite」です。

このテクノロジーを利用することで、例えばお医者様が前日に、「明日、こういう手術をお願いします」と依頼を受ける。朝、自宅のタブレットで手術の確認やシミュレーションを行う。さらに仕事場である病院ではデスクトップパソコンでさらに細かいチェックをする-といったことができるようになります。手術のデータは外部に流出することが許されない機密データですが、各デバイスにはデータは残りませんので安全に利用できますよ。

鴨打氏

デバイスを変えても同じコンテンツが利用できるようになることで、仕事のレスポンスが大きく上がることになります。

竹内氏

仕事の生産性を上げることは必要だとは分かっているものの、管理者の方にとってのメリットと、実際に使う皆さんのメリットは相反する状況となることも多いのが実情です。しかし、シトリックスのソリューションを使っていただくことで、管理者の方にも、利用の現場でもメリットが生まれます。

モバイル製品をスイート化したソリューション

外出先での作業が社内のパソコンに反映

インタビュアー

最近ではコンシューマー向けサービスを業務に利用するケースもあるようですが、コンシューマー用サービスを利用するのとシトリックスのソリューションを利用することとの間にはどんな違いが出てくるのでしょう?

竹内氏

当社のソリューションを利用していただくことで、電子メール、ミーティング案内といった個々のサービスを連携して利用できるようになります。さらに、出先でiPhoneを使って作業した結果が社内のパソコンにも反映されることになるので、会社に帰ってもう一度同じ作業を行うといった必要がありません。効率のよい作業が、社内、社外を問わずシームレスに連携します。

セキュリティ対策でも、先ほどお話ししたように端末にはデータは残りません。もちろん、それだけでセキュリティ対策が不要になることはありませんが、セキュリティ対策を施すべきポイントを絞り込むことができるようになります。

鴨打氏

複数のデバイスを使って作業ができることも大きなメリットだと思います。自分が慣れ親しんだデバイスを安全に仕事に使うことができます。WindowsマシンでもMacでも、自分が納得したデバイスを使うことができますので、世代や好みを問わずに慣れ親しんだデバイスを仕事にも使ってもらえるようになります。

デバイスや場所にとらわれず、モバイルワークを実現

BYODだけでなく、古いパソコンを再利用することも可能に

インタビュアー

日本では海外に比べBYODの普及が遅れていると言われますが、シトリックスのソリューションを使うことでBYODが安全に実現しそうですね。

竹内氏

会社支給のデバイスを使う安心感と同じレベルでBYODを実現させることが可能です。どちらの選択肢も優劣なく選べるところがメリットの一つになるでしょう。当社のソリューションを利用するとデバイス本体の処理能力に依存しにくくなるため、古いパソコンを使い続けてもらうことができるようになった例もあります。

導入対象も企業だけではなく、大学など教育現場での利用例も出ています。さまざまな場面での利用が可能になりますので、ワークスタイル変革を検討されている方には最適なソリューションだといえます。

iPadでもWindowsエクスペリエンスを最適に

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

Citrix Workspace Suiteについてのより詳しい資料をダウンロードできます。

取材にあたりメーカーから詳しい製品資料をご提供いただきました。より詳しく知りたい・導入を検討してみたいお客様は、こちらからダウンロードいただけます。

資料をダウンロード(無料)

まずはお気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00110457