ここから本文です。

閲覧者ログイン数統計画面

Handbook+タブレットを使用し、客先でプレゼンテーションを行うことで、客先の反応や、うまくいった営業のプレゼンテーション資料を検証を行える。どの資料がよく見られているのかといった結果を受けて、内容を改変していくというサイクルを作り、よりよい顧客サービスへとつなげることが可能。

メーカーズボイスでの紹介本文に戻る


閲覧者ログイン数統計画面(Handbook)
ここまで本文です。

ページID:00066495