ここから本文です。

CAB (Custom AP Builder) による自動連携で作業効率アップ

他業務や他システムとのデータ連携で「出力」「取込」を意識しない運用設定を、CABを使用することでプログラマーによるカスタマイズ無しで可能にする。手間を削減するとともに、処理漏れを防止。

メーカーズボイスでの紹介本文に戻る


CAB (Custom AP Builder) による自動連携で作業効率アップ
ここまで本文です。

ページID:00066434