ここから本文です。

国内はもちろん、海外とも20台まで共有可能

イントラネットを経由することで、本社と支社、事務所と現場など、離れた拠点間でも、ディスプレイに映し出したコンテンツならびに書き込み内容を、最大20台(注1)までリアルタイムに共有可能。

メーカーズボイスでの紹介本文に戻る


ここまで本文です。

ページID:00083145