メーカーズボイス

メーカー担当者を直撃!生の声をお届けします。

リコー複合機、新製品発表会をレポート

リコー 複合機「RICOH IM C6000」など7機種16モデルを発表

リコーは、基本性能のアップデートをユーザー自身が行える複合機「RICOH IM C6000」など7機種16モデルを発表。多様なアプリケーションやクラウドサービスとも連携することができる。

[2019年 1月24日公開]

「RICOH Always Current Technology」を搭載

リコーは2019年1月8日、ファームウェアアップデートをユーザー自身で行うことができる複合機「RICOH IM C6000」など7機種16モデルの新製品を発表した。製品発売は1月23日。「RICOH Always Current Technology」が搭載され、利用者自身が基本性能をアップデートし、常に最新状態で利用することが可能になる。また、大塚商会の基幹業務システム「SMILE V」などの業務/業種アプリケーションやクラウドサービスと連携することで、中堅・中小企業の生産性向上を支援する。

紙の請求書データをスキャンし「SMILE V」に自動取り込み

リコーでは、RICOH IM Cシリーズと、クラウドプラットフォーム「RICOH Smart Integration」を介してほかのアプリケーションやクラウドサービスとを連携するソリューションを「RICOH Intelligent WorkCore」と名付けている。これにより、中堅・中小企業の業務に依然として残る紙ベースの業務処理を電子化し、業務の自動化や省力化を支援する。

例えば、郵便で届く請求書をRICOH IM Cシリーズでスキャンし、データをデジタル化すると共に大塚商会の基幹業務システムSMILE Vに自動取り込みすることで、作業時間が短縮され、手間も削減できる。さらにクラウドサービスと連携すれば、業務効率がぐんぐん上がる。これまで複合機は出力機としての利用がメインだったが、企業内のデータを電子化する際のフロントエンドツールとしても利用できるようになるということだ。

記者会見では、代表取締役社長執行役員の山下 良則氏が、「コピー機のリコーという概念を塗り替えることができる製品として自信をもってお薦めできる」とアピールした。

RICOH Intelligent WorkCoreが業務の自動化を支援

ユーザー自身の手でファームウェアのアップデートが可能

RICOH IM Cシリーズでの大きな特長は、従来ハードウェアの買い換えで対応してきたファームウェアのアップデートをユーザー自身の手で行えることだ。ファームウェアがアップデートされると、操作パネルに通知が表示され、案内に沿って操作をすればユーザー自身の手で最新ファームウェアにアップデートすることができる。最新セキュリティへの対応、ユーザービリティの改善など常に最新状態で機器を利用することができるようになる。

利用できるアプリケーションやクラウドサービスは今後さらに拡大していく予定だ。さまざまな業務・業種のノウハウを持った開発パートナーを増やしていくために、2019年4月をめどにAPIと開発キットを全面公開する。また、RICOH IM Cシリーズと連携するアプリケーションやクラウドサービスが拡大していくことで、より一層、業務効率の向上が期待できる。

山下氏は、「スマートフォンは導入障壁を感じることなく、最新のITを利用するという変化をもたらした。今回の新製品も同様に導入後も進化を続け、お客様の好みに合わせて形を変えていく。結果として企業のクラウド利用を後押しする製品となる」と複合機の新たな可能性を提示する製品であることをアピールした。

新世代複合機がもたらす価値

10.1インチの大型フルカラータッチパネルを搭載

RICOH IM Cシリーズでは、7機種16モデル全てに10.1インチのWSGA大型フルカラータッチパネルを搭載しているのが、もう一つの特長だ。タブレットを操作する感覚でさまざまな業務処理ができる。

また、小切手や領収書など小サイズの原稿のスキャンを可能とする小サイズスキャナーオプション、本体の胴内でZ折り、二つ折り、外三つ折り、内三つ折りが可能なインナー紙折りオプションなど、生産性向上につながる新規オプションも用意した。

さらに、トラブルが起きた場合や操作方法が不明な場合でも、機器のダウンタイムを最小化するために最新のサポート機能を搭載した。また、利用者の機器を常時監視するリモート管理サービスを通じて取得したデータをAIで分析することで、トラブルを未然に防止する試みも行っていく。

記者会見には、複合機のテレビCMに登場している女優の吉瀬美智子さんも登場。新製品への招待をテーマにした新しいCMでは、アンドロイドという設定で役を演じているが、「私が思っていたアンドロイド像は、今回のCMのアンドロイドに比べてずっと古かったようで……。現場で、いろいろとアドバイスを受けて演じました」と苦労話を披露した。

CMに出演する吉瀬美智子さんも登場

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

記事と関連する製品・ソリューション

  • RICOH IM C6000 / C5500 / C4500 / C3500 / C3000 / C2500

    よりシンプルに使いやすく進化した「MultiLink-Panel」を標準搭載し、豊富なアプリケーションによる新しい情報活用ニーズへ対応したフルカラー複合機をご紹介します。

  • 基幹業務システム SMILE V

    時代の変化と共に進化を続けてきた「SMILE」シリーズに、新シリーズが誕生しました。これまで培ってきた基幹システムと情報システムの融合を実現。RPA機能として活用できる「業務予定」の登録など、お客様の業務をより強力にバックアップします。

まずはお気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00161472