ここから本文です。

富士通 サーバー/ストレージ「ETERNUS DX60/DX80/DX90」

ハイエンドストレージの信頼性を継承するエントリークラスのディスクアレイが登場

メインフレーム向けなどハイエンドストレージを得意としてきた富士通が、エントリーストレージ分野で躍進を続けている。同社の「ETERNUS DX60/DX80/DX90」は、ハイエンドストレージの機能や信頼性を備えながら、中小企業でも求めやすい価格を実現した新しいストレージだ。
同シリーズについて、富士通 ストレージシステム事業部長代理の田極 栄氏に話を伺った。(公開日:2010年2月1日)

ストレージのグローバル展開を本格化

富士通のストレージ事業の歴史は、今から40年以上前のメインフレーム黎明期までさかのぼる。以来、コンピュータの記憶装置として欠かせないストレージの開発・製造を続けてきた。1990年代からはオープン系システム向けストレージ市場に参入し、現在は世界有数のストレージベンダーへと成長した。2009年11月には、エントリーからハイエンドまでのすべてのストレージを全世界で「ETERNUS DX series」というブランドに統一することを発表。これまでストレージを販売してきた日本、アジア、米国に加え、欧州での販売も開始し、ストレージ製品のグローバル展開を本格化させている。

田極氏 「富士通はもともとメインフレーム系のRAIDを中心にストレージ事業を行ってきましたが、約10年前から富士通社外のサーバーとの親和性も重視したオープン系ストレージを提供してきました。これまでは日本が中心の事業でしたが、2009年からはワールドワイドの統一ブランドとして「ETERNUS DX series」を展開しています。ハイエンドの「ETERNUS DX8000 series」からミッドレンジの「ETERNUS DX400 series」、エントリーの「ETERNUS DX60/DX80/DX90」まですべてのレンジをカバーしたストレージラインナップを用意しました」

富士通株式会社
ストレージシステム事業本部
ストレージシステム事業部長代理
(中小型RAID開発担当)
田極 栄氏

このページの先頭へ

性能と品質には一切妥協せず

ETERNUS DX series」全般の特長としてまず挙げられるのは、性能面に優れた点だ。田極氏によると、世界標準の性能測定基準を提供するStorage Performance Council(SPC)におけるベンチマークテストにおいて、ETERNUS DX80は世界最高値(2009年10月現在)を叩き出したという。

田極氏 「当社が重視しているのは、コストパフォーマンスに優れているという点です。性能だけが非常に高い値でも、コストがかかってはお客様に導入されません。公平な第三者機関のテストにおいて、「ETERNUS DX series」はコストパフォーマンスに最も優れたストレージとして位置づけられています。これが最大の特長です」

品質の高さも「ETERNUS DX series」共通の特長だ。

田極氏 「品質は形として見えにくい部分ですが、高品質に関して設計から製造、検査の工程まで一切妥協せずに取り組んでいます。性能と品質の高さがディスクアレイのコアだと考えており、それらを常に追求することが当社のポリシーです」

そしてもう一つの特長が、最新のストレージ技術を採用している点だ。

田極氏 「高速の8Gbps FCに加え、iSCSIやSASなどのインターフェイスを国内ベンダーとしていち早く取り入れたり、使用していないディスクの回転を止めて省電力化を実現するMAID技術を導入したりといったように、「ETERNUS DX series」にはその時代の最新技術を積極的に採用しています」

このページの先頭へ

ディザスタリカバリ機能も提供

「ETERNUS DX series」の中でも、富士通が今、特に注力しているのが、エントリークラスのストレージだ。エントリークラスとはいっても、ハイエンドクラスの性能と品質を継承。用途に応じてFC、iSCSI、SASインターフェイスが選択でき、RAID構成も二重故障に対応するRAID 6までサポート。ちなみに、ディスクは2.5/3.5インチのSASディスクやSSDが混在搭載でき、用途に応じたコスト最適化が図れるようになっている。

また、環境への配慮も大きな特長だ。例えば、ファン数の削減とファン回転数の制御により、省エネと静音性を両立している。

田極氏 「「ETERNUS DX60/DX80/DX90」は、グリーン志向を取り入れています。中でもバッテリフリー化を実現したことで、産業廃棄物低減など環境に優しいストレージになっています」

機能面では、エントリーストレージだけでディザスタリカバリ環境を実現する「リモート・アドバンスト・コピー機能」がDX90に搭載された。これは、遠隔地にあるストレージシステム間でデータを同期または非同期で高速コピーするというもの。サーバーを介すことなくデータコピーが行われるので、ネットワークや業務に大きな負荷を与えることなく、災害時のデータ保全と事業継続を実現する。このクラスのストレージでは、画期的な機能だ。

さらに、運用面での容易性も「ETERNUS DX60/DX80/DX90」の特長だろう。上述したディザスタリカバリ機能のほかにも、情報漏えいを防止するディスク暗号化機能などが、分かりやすいGUIの管理画面から簡単に設定・操作できる。

このような優れた特徴を持つ「ETERNUS DX60/DX80/DX90」だが、DX60を筆頭に現在、大塚商会が保守・メンテナンスを提供する体制を検討し始めている。高性能・高品質のストレージがリーズナブルな価格と手間要らずのサポート体制で導入できるのは、中小企業にとって朗報と言えるだろう。

このページの先頭へ

  • 本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は公開時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。(公開日:2010年2月1日)

メーカーズボイス

気になる製品がございましたらまずはお問い合わせください。

Webによるお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

このページの先頭へ

ここまで本文です。

ページID:00081344