まずはお気軽にご相談ください。

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

社内サーバーをクラウド風に運用できる統合アプライアンス

レノボ ハイパー・コンバージド・アプライアンス製品「Lenovo Converged HX Series」

レノボ・ジャパンは、ニュータニックス社のソフトウェアを搭載したサーバー+ソフトウェア・ディファインド・ストレージの統合製品を発売した。レノボ・ジャパン株式会社 レノボ・サーバー・エバンジェリスト 部長 ソリューション・スペシャリスト部 エンタープライズ・ビジネス・グループの早川哲郎氏は、「統合型製品が求められる中、今回は最も統合の進んだアーキテクチャを持つニュータニックスと提携することで、お客様に最適なシステムを提供します」と今回の製品の狙いを説明する。統合型製品のメリットとはどんなものなのか、早川氏とレノボ・ジャパン株式会社 パートナー事業部 ソリューションパートナー営業本部 本部長 柏倉信夫氏に伺った。

[2016年2月23日公開]

インタビューの注目ポイント

  • レノボ体制となったからこそ実現したニュータニックスとの提携
  • 社内サーバーをパブリッククラウド感覚で運用できる
  • 中堅・中小企業ユーザーにこそ最適

動画で見る ご紹介製品のポイント

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。[動画再生時間:4分5秒]

JavaScript がオフになっているか、古いバージョンの Adobe Flash Player を使用しています。
最新の Adobe Flash Player を入手してください。

記事でご紹介している製品の特長、便利で効果的な利用ポイントなどを、取材を受けていただいた担当者・関係者から、お客様に動画でお伝えします。大塚商会は、メーカーとの信頼関係による協力のもと、お客様のIT活用の促進を支援します。

メーカーご担当者紹介

  • レノボ・ジャパン株式会社
    レノボ・サーバー・エバンジェリスト ソリューション・スペシャリスト部 部長
    エンタープライズ・ビジネス・グループ
    早川 哲郎氏

  • レノボ・ジャパン株式会社
    パートナー事業部 ソリューションパートナー営業本部 本部長
    柏倉 信夫氏

インタビュー内容

レノボ体制となったからこそ実現したニュータニックスとの提携

インタビュアー

IBMのIAサーバー事業が、レノボの事業となりました。製品開発に何か変化は起こっているのでしょうか?

早川氏

ハードウェア開発の体制自身は変わっていません。ただし、最新の技術に対応した製品を提供する必要がありますので、サーバー製品を取り巻く環境、技術は大きく変わっています。

まずサーバーに搭載するストレージはソフトウェア型のソフトウェア・ディファインド・ストレージが主流となっており、レノボとしても当然この流れに乗った製品を提供する必要があります。レノボ自身はハードウェアビジネスに注力してビジネスを行っていますので、ソフトウェアについてはその時点でベストなパートナーを選択し、最適な製品を提供します。今回、第一弾のパートナーとしてニュータニックスを選択したのです。

柏倉氏

IBM時代との最大の違いは、その時点で自由に最適なパートナーを選択することができるようになったところです。IBMは垂直統合型のビジネスを行っていますので、組める相手に制約がありました。IBM時代だったら、こういう形でニュータニックスと一緒にビジネスすることは難しかったと思います。

ソフトウェア・ディファインド・ストレージは、ストレージ事業を持っている企業にとっては自社のビジネスにマイナス影響を与えかねません。レノボ体制になってそういう配慮をする必要がなくなったため、動きやすくなりました。

パブリッククラウド感覚での運用が可能に

インタビュアー

今回の製品の、「ハイパー・コンバージド・アプライアンス」とはどういったものなのでしょう?

早川氏

バーチャルマシンを使った仮想化、さらにストレージも仮想化するという、最も統合の進んだアーキテクチャを採用した製品です。

柏倉氏

最近は社内にサーバーを置かず、クラウドを利用するお客様も増えています。クラウドは社内にサーバーを置く場合に比べて管理が容易になるからです。今回の製品は、社内にサーバーを置きながらクラウドと同じ感覚で運用ができるところが特長となります。運用に関してはスマートフォンを操作するのとさほど変わらない操作感です。

早川氏

パブリッククラウドを導入したものの、思ったほどコストが下がらなかったというお客様も増えているようです。そういったお客様にこそお勧めしたいのが、ハイパー・コンバージド・アプライアンスです。自分自身で仮想化アーキテクチャを構築すると複雑なものとなってしまうという声もよく耳にします。あらかじめ仮想化されたものを統合する今回のような製品であれば、シンプルに操作することができるでしょう。

中堅・中小企業ユーザーにこそ最適

インタビュアー

統合アプライアンスを導入するのは、規模の大きな企業という印象がありました。

早川氏

統合アプライアンスは、敷居が高いものと諦めてきたお客様にこそ導入していただきたい製品です。ぜひ一度、評価していただければと思います。

柏倉氏

今回のソフトウェアは、統合型であり運用も容易なニュータニックス製品を選択しながら、それを支えるハードウェアの品質はこれまで通りです。米国では品質、信頼性で最高クラスの評価を頂いています。統合型ソフトウェアの最適解であるニュータニックスと、ハードウェアでは最高の品質と自負するレノボ製品の組み合わせは、きっとお客様に最適なものとなります。どうぞ、評価してみてください。

Lenovo Converged HX seriesは多様な用途に適用できる

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

Lenovo Converged HX Seriesについてのより詳しい資料をダウンロードできます

取材にあたりメーカーから詳しい製品資料をご提供いただきました。より詳しく知りたい・導入を検討してみたいお客様は、こちらからダウンロードいただけます。

資料をダウンロード(無料)

まずはお気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

03-6743-1671(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00106729