NEC ビジネスPC「VersaProシリーズ」

片手で持てる軽さ・薄さを実現、しかも堅ろうなビジネスPC勢ぞろい

NECの13.3型軽量&薄型モバイルノート「VersaPro(バーサプロ)タイプVG」、コンバーチブルノート「VersaPro タイプVN」両モデルの特長についてメーカー担当者に伺った。

[2015年 2月17日公開]

インタビューの注目ポイント

  • 限界といわれた重量をさらに軽量化したタイプVG
  • 大幅機能強化で名前を一新したタイプVN
  • キーボードや細かい機能がポイント

限界といわれた重量をさらに軽量化したタイプVG

日本電気株式会社
スマートデバイス事業部
販売促進グループ 主任
佐々木 紀安氏

インタビュアー

今回、UltraLite(ウルトラライト)タイプVGが大幅に機能強化され、タイプ名も新しく変更になったそうですが。

佐々木氏

初代モデルから3代目のモデルチェンジになりますが、従来はタッチモデルも超軽量モデルも同じ「タイプVG」という名前でした。今回、それぞれ大幅に強化しタッチモデルは「VN」という新しいタイプ名となりました。VGが従来通り超軽量モデルでVNはタッチモデルとなります。

中井氏

VGは初代モデル投入時から、13.3型のノートパソコンとしては世界最軽量でしたが約875グラムありました。その後、モデルチェンジで約795グラムとなり、これ以上軽くするのは無理だろうといわれていましたが、今回さらなる軽量化を実現し、約779グラムとなりました。軽量化は一つの要因で実現するものではありません。部材を一つ、一つ精査し軽量化していきます。

今回、従来は扱いが難しく、底面パーツにのみ採用されていたマグネシウムリチウム合金をLCD天板に採用することができました。鍛造技術の採用により複雑な形状を作ることが可能となったからです。これで10数グラムの軽量化を実現したのです。こうした積み重ねを行うことで、先代モデルよりもさらに軽量となったのです。

佐々木氏

前モデルまではディスプレイは最大で135度までしか開きませんでしたが、今回のモデルは180度開きます。商談の際に資料を見せる場合、よりスムーズに、スマートに使いこなすことができるようになりました。

軽く、薄いだけに、“強度は大丈夫か?”と心配されることもありますが、満員電車での圧迫や振動、デスクからの落下など、ビジネスシーンで起こりうるさまざまな衝撃・負荷に耐える堅ろう性・耐久性・環境対応性を確保しております。軽く、薄く、しかも丈夫なパソコンなのです。

VersaPro UltraLite タイプVG

大幅機能強化で名前を一新したタイプVN

NECパーソナルコンピュータ株式会社
商品企画本部
プラットフォームグループ 主任
中井 裕介氏

インタビュアー

タッチパネルモデルは、前モデルから大幅に強化されたそうですが。

佐々木氏

タッチパネルモデルは、タイプVNという名前に一新しました。ディスプレイ360度開閉しますので、ノートPCとしてだけではなく、タブレットとしても利用いただけるようになりました。プレゼンの際は、ぜひ、片手で持って操作してください。

中井氏

いわゆる2in1(ツー・イン・ワン)という、1台でパソコン、タブレットの両方として使えるタイプになりますが、もともとのパソコンとしての機能が使いにくくなってはいけない。さらに重くなってもいけないという厳しい縛りのもと製品開発を進めました。

キーボードをスライドするタイプにするとキーボードサイズが小さくなり、パソコンとして使いにくくなります。また、画面をむき出しで持ち歩くことに抵抗があるお客様も多い。そこで今回のサバ折り形状を採用しました。デザインの細かな部分にもこだわり、タブレットとして手で持つ時を考え、角が面取りされ、手で持った時のあたりが柔らかくなるようにしています。

佐々木氏

VGよりは重くなりますが、VNも約926グラムでパソコンとしても、タブレットとしても軽量です。片手で持ってプレゼンができる重量で、なおかつ薄型で操作がしやすいのが特長です。もちろんVG同様の堅ろう性・耐久性・環境対応性は確保されています。

VersaPro UltraLiteタイプVN

キーボードや細かい機能がポイント

インタビュアー

2製品とも、実際に手に取ってみると軽くてびっくりしました。

佐々木氏

NECの展示会に製品を置いていると、“軽くていい、モックですね”とおっしゃるお客様が結構多いんですよ(笑)。モックではなく、製品ですと説明すると本当に驚かれます。ぜひ、ご自身の手で製品を持っていただきたいです。

中井氏

軽い!という実感は数字を見ただけではわかりません。手で持つと、“え⁈こんなに軽いの?”とイメージとのギャップに驚く人が多いです。細かいところにこだわって製品を作っていることは、手に取って、触ってみていただければ一番伝わると思います。それはVG、VNだけでなく、据え置き型A4ノートの「VersaPro タイプVW」も同様です。

VWもVN同様、ディスプレイが360度開くのですが、据え置き型で重さへの制約がないので360度開いた時にはキーボードが引っ込み、ゴム足が出てくるという仕組みを採用しています。机の上に置いてタブレットとして使う場合、ゴム足が出てくればキーボード面を傷つけることもありません。こういったこだわりは、ご説明すると非常に驚かれます。

佐々木氏

VWは社内で利用する際、会議室などに持ち込んでプレゼン用タブレットとして活用することもできると思います。用途に応じて幅広いモデルをラインアップできるのがNECのビジネスPCの強みになります。パソコンはあらためて触る必要はないと思っている人にこそ、手に取ってもらえればと思います。

VersaPro タイプVW

  • *本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞、掲載の図版内容等は公開時点のものです。

まずはお気軽にご相談ください。

製品の選定やお見積りなど、100万社ものお客様に支えられた多数の実績でお客様のお悩みにお応えします。まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

【総合受付窓口】
大塚商会 インサイドビジネスセンター

0120-579-215(平日 9:00~17:30)

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ

*メールでの連絡をご希望の方も、お問い合わせボタンをご利用ください。

ページID:00121992