ここから本文です。

NEC Ultrabook「VersaPro UltraLite タイプVG」

新素材の開発で実現した重量は驚きの約875g!世界最軽量のUltrabookがNECから登場

国内最大手のPCメーカーとして揺るぎない地位を保ち続けるNEC。同社が発売したUltrabook「VersaPro UltraLite タイプVG」は、約875gという軽さが特徴だ。
モビリティを最重視して開発したという新製品について、NEC パーソナルソリューション販売推進本部 上杉敏己氏、NECパーソナルコンピュータ 商品企画本部 中井裕介氏に話を伺った。(公開日:2012年9月24日)

開発コンセプトはモビリティ性

およそ20年前、一世を風靡した「PC-98シリーズ」。以来30年以上に渡って国内トップのPCメーカーであり続けるNEC。特に、国内のビジネス市場における支持は圧倒的だ。そのNECが2012年7月にした発表したUltrabookが「VersaPro UltraLite タイプVG」である。

インテルが詳細な仕様を定義するUltrabookは、競合製品との差別化が容易ではない。そうした中、NECは「軽い」「薄い」「小さい」というモビリティ性をコンセプトとし、他社には真似のできないUltrabookの開発に取り組んだ。その完成形がこの製品だ。

UltraLite タイプVGの最大の特徴は、約875gという世界最軽量のUltrabookである点。実はNECは、数年前からモバイルPCの軽量化に取り組んできた実績があり、2008年には約725gの「VersaPro UltraLite タイプVS」、約868gの「タイプVC」という製品を出している。

上杉氏 「タイプVSは、その重量が高く評価されましたが、ビジネスで利用するには性能が不足していました。今回のUltrabookでは、軽量だけれどもスペックが劣るという評価を避けるために、性能を妥協することなく最軽量を目指しました」

中井氏 「今回のタイプVGでは、開発をスタートした段階で900g未満にするという明確な目標を立てています。現在、モバイルではタブレットが普及していますが、入力作業が多いビジネスニーズではキーボードも必須です。タブレットの売れ筋製品はおよそ650g、キーボードを200gとすると、約850gになります。また、Ultrabookの重量が1.1~1.4kg程度が主流であり、圧倒的なナンバーワンを実現するには800g台が妥当だと考えました」

NEC パーソナルソリューション
販売推進本部
主任 上杉 敏己氏

このページの先頭へ

本体の新素材が軽量化に寄与

Ultrabookの仕様を満たし、性能を妥協することなく最軽量のUltrabookを目指すことになったNECでは、軽量化を実現するための技術研究に取り組んだ。そこで着目したのが、本体の素材だった。

中井氏 「PC本体にはアルミニウム合金やマグネシウム合金などが使用されていますが、軽量の金属素材として目を付けたのが『マグネシウムリチウム合金』でした。これは、比重がほぼプラスチック並みで、アルミニウムの約半分、マグネシウムの約75%、カーボンファイバよりも軽量です。表面処理や加工の難しさから普及していませんでしたが、マグネシウムリチウム合金の生産や表面加工を手がける複数のメーカーと協業し、開発に着手しました」

タイプVGでは、このマグネシウムリチウム合金を底面に、天板にはマグネシウム合金を採用して軽量化を実現しているが、約875gを実現したのはこれだけではない。液晶ディスプレイを本体の筐体に一体化したことも、軽量化に一役買っている。

通常、液晶パネルはモジュール化されたユニットとして提供され、それを部品としてノートPCに組み込んでいる。液晶パネルをユニット化するために、金属のフレームで囲まれているが、これが軽量化・薄型化の足かせになるのだという。そこで、フレームのない液晶パネルを筐体天板に直接取り付け、一体化させた。

同様にキーボードもモジュール化されたユニットではなく、金属部品のないものが使用されている。強度を確保するために、キーボードの取り付けには64本のネジが使われているのだという。

NEC パーソナルコンピュータ
商品企画本部
コンシューマ商品企画部
中井 裕介氏

VersaPro UltraLite タイプVG

VersaPro UltraLite タイプVG拡大画像

このページの先頭へ

ビジネス向け機能に不足なし

軽量という部分が目立つタイプVGだが、ほかにもさまざまな特徴がある。本体の最厚部が約14.9mmというのも、その特徴の一つだ。13.3型でHD+(1,600×900ドット)のLED液晶を採用している点は、ビジネスで利用するユーザから非常に評価が高いという。

バッテリ駆動時間は、ビジネスモバイルとして十分な約8.1時間。1時間で約80%の急速充電も可能だ。

このほか、PCの電源がオフのときにもUSBコネクタから携帯電話、スマートフォンへ充電できるパワーオフUSB充電機能、利用シーンに合わせた最適な省電力設定をあらかじめ登録し、ユーザが簡単に切り替えられる「ECOモード設定ツール」、オフィスのピーク電力削減をサポートする「ピークシフト設定ツール」なども、NECらしい機能だ。OSは、ビジネス利用を想定してWindows(R) 7 Professional 64ビット版がプリインストールされている。

上杉氏「世界最軽量のUltrabookというインパクトは非常に大きいと感じています。Ultrabookによって、PCを持ち歩くビジネススタイルが当たり前になることを期待しています。」

このページの先頭へ

  • 本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は公開時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。(公開日:2012年9月24日)

メーカーズボイス

気になる製品がございましたらまずはお問い合わせください。

Webによるお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

このページの先頭へ

ここまで本文です。

ページID:00081360