ここから本文です。

OKIデータ プリンター「COREFIDO(コアフィード)」「MC860dtn/MC860dn/C830dn/C810dn/C810dn-T/B430dn/B410dn」

「信頼」の名を冠した新ブランドを確立
OKIデータのオフィス向けLEDプリンター「COREFIDO(コアフィード)」

競争の激しいオフィス向けプリンター市場において、注目度が高まりつつある新しいブランドがある。株式会社沖データ(以下、OKIデータ)の「COREFIDO(コアフィード)」だ。レーザープリンターが主流にある中、古くからLEDプリンターに開発資源を集中させてきたOKIデータが、その信頼性の高さをアピールするために名付けたという。
新ブランドのCOREFIDO、および最新製品について、同社 販売促進課 課長の城木 芳隆氏に話を伺った。(公開日:2009年12月25日)

“壊れない”OKIデータのLEDプリンター

壊れない ――

OKIデータのプリンターは、従来からその堅牢性、信頼性が評判だった。例えば、DTPやデザインといったプロフェッショナル向けの「MICROLINE(マイクロライン)」は、安心のブランドとして高く評価されてきた。海外市場では特に高評を博しており、現在は生産されるプリンターの85%が海外向けだという。

城木氏 「OKIデータのプリンターは、非常に長持ちするとお客様から多くの声が寄せられています。その理由は、当社のプリンターにはLED方式が採用されていることです。ほとんどのプリンターメーカーが採用するレーザー方式の光源ユニットでは駆動パーツが多く、高速に回転するようなパーツはいつか壊れます。ところが、LED方式の光源ユニットは駆動パーツがないので、ユニット自体の故障率はかなり低くなります。もう一つ、もともとOKIグループというのは1881年に国産第1号の電話機を作ったところから始まった会社なので、品質に対する考え方がかなり厳しく、壊れないもの作りをしてきました。この二つが、当社のプリンターが信頼されている理由です」

しかし、オフィス向けプリンターに関しては、市場の認知度が必ずしも十分ではないとOKIデータでは分析している。

城木氏「そこで、壊れずに長持ちする『信頼』という強みを核にした、オフィス向けLEDプリンターの新しいブランド『COREFIDO(コアフィード)』を2008年秋に立ち上げました」

株式会社沖データ
営業企画室
販売促進部 販売促進課
課長 城木 芳隆氏

COREFIDO(コアフィード)

このページの先頭へ

“信頼”を「COREFIDO」というブランドで表現

COREFIDOは、英語で「核」「中心」を意味する“CORE”と、イタリア語で「信頼」「信用」を意味する“FIDO”を組み合わせた造語。顧客に信頼される製品を提供することにより、顧客とOKIデータの間で深い信頼関係を築くという思いを表現したという。

城木氏 「信頼というキーワードを外さずに、読みやすい言葉を探すのに苦労をしましたが、結果的には当社のイメージに合った、非常によいネーミングだと思います」

この新ブランドとともに、OKIデータが大々的に打ち出した戦略がある。それが「5年間無償保証」だ。消耗品や一部のメンテナンス品を除き、正常な使用状態で購入後5年以内に発生した故障について、OKIデータが無償で修理するというもの。基本的に翌日になるが、保守員がオンサイトで対応してくれる。

城木氏「当社のプリンターは、競合他社製品に比較して故障が少なく、保守・修理の依頼がわずかしかありませんでした。それを逆手にとって、壊れないのなら5年間は無償で保証するという強みに変えようと始めたのが5年間無償保証という戦略です」

この戦略は徐々に海外にも広げつつあり、2009年春からは欧州地域でも3年間無償保証(各国の法令事情により、5年ではなく3年にしたとのこと)を開始した。

さらに2009年秋からは、女優の菅野美穂さんをイメージキャラクターに起用し、「現場に、愛を。」というキャッチコピーのプロモーション活動を大々的に実施している。

城木氏「オフィスの現場には、プリンターに対するさまざまな意見・要望があります。当社には、そうしたお客様のあらゆる意見・要望にしっかり応える製品を作り、お届けしたいという思いがあります。その思いをコンセプト化した言葉が“愛”。それを“現場に、愛を。”というキャッチコピーで表現しました」

5年間保証という戦略とプロモーション活動が奏功し、保守コスト軽減などの施策を進める企業への導入が右肩上がりに増加しているという。

このページの先頭へ

LED方式ならでは豊富な特長

COREFIDOブランドの製品は、A3カラー複合機「MC860dtn」「MC860dn」、A3カラープリンター「C830dn」「C810dn」「C810dn-T」、A4モノクロプリンター「B430dn」「B410dn」の7機種。いずれもLEDプリントヘッドを採用しており、レーザー方式に比べてより小さな文字や細線を印刷することが可能だ。また、“フラットペーパーパス”という独自の送紙方式は、紙を水平に送り込んでそのまま印刷するため、紙詰まりが起こりにくいという特長がある。カラーの場合、シングルパスでCMYKの4色を一度にプリントするので、スピードも速い。

城木氏「COREFIDOの壊れにくく、メンテナンスしやすいという特長は、LED方式ならではと言えるものです。細かい部分の再現性が高く、画質がきれい。さらに、LEDプリントヘッドはユニット自体が小さいので、プリンター本体をコンパクトにできます」

COREFIDOは、10~20人単位で共有する部門プリンターに最適であり、OKIデータでも「オフィスで手軽に使えるプリンター」と位置付けている。

城木氏「例えば、コピー機から派生した高額な複合機を導入しても、少人数のオフィスではオーバースペックである場合がほとんどです。そういうオフィスでは、COREFIDOの複合機で十分お使いいただけると思っています」

なお、OKIデータでは、COREFIDOブランドの製品ラインナップを順次拡充していく予定だという。今後の展開が非常に楽しみだ。

このページの先頭へ

  • 本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は公開時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。(公開日:2009年12月25日)

メーカーズボイス

気になる製品がございましたらまずはお問い合わせください。

Webによるお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

このページの先頭へ

ここまで本文です。

ページID:00081329