ここから本文です。

サイオステクノロジー Quickスキャン V3

アプリの力で複合機を使った電子文書化をより簡単、便利に

サイオステクノロジーが開発した「Quickスキャン V3」は、複合機のスキャン機能を使って、紙文書を電子化するアプリケーションだ。文書の電子化は複合機単独でも行える。しかし、複合機にはさまざまな機能が搭載されているため、操作が難しいと感じ、電子化をためらうユーザーも少なくない。Quickスキャン V3を使うことで、複雑な操作も簡単に進めることができる。また大量の紙文書を電子化する場合に、大きな力を発揮する機能が搭載されている。 Quickスキャン V3で実現できる利便性とはどんなものか、開発を担当したプロダクト開発2部 アプリケーション開発グループの担当グループマネージャー 吉澤知勇氏にお話を伺った。(公開日:2015年7月8日)

複雑な複合機操作をシンプルに

「Quickスキャン V3」は紙文書を電子化するソフトということですが、複合機のスキャナー機能を使っても紙文書を電子化できます。アプリケーションを使うことでどんなメリットがあるのでしょう?

吉澤氏「複合機にはスキャナー機能以外にも、コピー、プリントなどさまざまな機能があります。そのため、操作が分かりにくいという声があがっているそうです。日常的にその複合機を使われている方であれば難しいと感じることなく操作できると思いますが、複合機を使う回数が少ない方もいますし、普段はコピー機能だけ使っているのでスキャナーの操作には詳しくない方もいらっしゃいます。

そこでQuickスキャンを使っていただくことで、簡単に紙文書を電子化することを目指しました。パソコンの操作に慣れていない方が操作することも想定し、誰でも簡単に使えるアプリケーションとして開発しています。

最初のバージョンが発売になったのは2009年7月ですが、複合機向けアプリケーションの開発は当社にとっても初めての経験でした。まず、お客様に直接接していらっしゃる大塚商会さんから、お客様からどんな声が上がっているのかを伺って開発を進めました。

複合機用アプリケーションは新しいジャンルでしたから、販売本数も最初のバージョンはそれほど多くありませんでしたが、徐々に販売本数が増えていきました。」

サイオステクノロジー株式会社
プロダクト開発2部
Iアプリケーション開発グループ
担当グループマネージャー
吉澤 知勇氏

Quickスキャン V3

Quickスキャン V3

このページの先頭へ

フォルダー選択機能で仕訳の手間を軽減

複合機だけを使うよりも、Quickスキャンを使うことで得られるプラスメリットもあるのでしょうか?

吉澤氏「大量の紙文書をスキャンした場合、電子化したファイルの仕訳は意外に面倒です。あらかじめ設定しておくと、Quickスキャン経由で取り込んだ文書は、Windowsのフォルダーの階層にきっちり仕訳をしてくれます。スキャンした後の処理が大幅に軽減されることになります。

また、オプションでOCR機能を提供しています。スキャンした文書ファイルにあるテキストを検索することができます。“このキーワードが書かれた文書を探したい”といった場合には便利だと思います。

ほかにも画像データ、PDFをはじめ、高圧縮ドキュメントやセキュリティ付きドキュメントなどのファイル形式へ変換することができます。他社のファイル形式との連携、直接保存も可能になります。既に電子化したファイルを持っていて、それも合わせて活用したいお客様に好評を得ています。

最近では競合製品も登場するようになりました。その中でもクラウド連携はQuickスキャンが一歩先をいっていると自負しています。競合製品はクラウドとの連携が間接的なものが多いですが、複合機から直接クラウドのフォルダーとの連携ができるようにしています。

自社にサーバーを置いて管理を行いたくないというお客様、iPhone、iPadと連携したいというお客様にとっても、Quickスキャンを利用していただくメリットがあると思います。

特にサーバーについては、Windows Server 2003のサポート終了といった問題や、災害時のデータ保全や事業継続の観点からも、クラウドを活用した電子文書利用を検討されるのに、よいタイミングではないかと思います。」

このページの先頭へ

新バージョンはさらに分かりやすいUIに

3月末に発売したバージョンではさらに大きな変化があったそうですが。

吉澤氏「RICOHさんの複合機の中で、MultiLink-Panelを搭載したZモデル限定になるのですが、ユーザーインターフェイス(以下UI)を大きく、見やすいものへと一新しました。操作ボタンを大きくするなど、より使いやすくなっていると思います。一部アニメーションも取り入れるといった挑戦も行っています。

バージョンを上げていくことで、新しい機能を取り入れることに挑戦したい部分もあるのですが、スタートからの『より使いやすく複合機を操作する』というコンセプトから逸脱してはいけないので、どう機能を増やしていくかは我々にとっても課題になります。

また、複合機用アプリケーション開発ノウハウも蓄積されてきました。現在ではQuickスキャン以外のアプリケーションも発売しています。例えばLog キャプチャのように、複合機のコピー、ファクス送信、プリント、スキャンで利用した書類がどのような文書か分かるように、画像のログとして保存することができるアプリケーションを開発しています。」

このページの先頭へ

  • 本記事中に記載の肩書きや数値、社名、固有名詞等は公開時点のものであり、このページの閲覧時には変更されている可能性があることをご了承ください。(公開日:2015年7月8日)

製品をより詳しく知りたい

Quickスキャンについて、より詳しい情報を知りたい方は製品ページをご覧ください。

Quickスキャン(製品ページ)

関連製品

本記事内でご紹介したQuickスキャンに関連する製品について、次のリンク先にてご案内しています。

Log キャプチャ

Quickスキャン to 楽2ライブラリ

Quickスキャン&どこでもキャビネット

メーカーズボイス

気になる製品がございましたらまずはお問い合わせください。

Webによるお問い合わせ

お問い合わせ・ご相談

このページの先頭へ

ここまで本文です。

ページID:00087860